toggle
2017-02-26

みかんのドライフルーツの栄養と効果と保存方法


冬になるとこたつで食べたくなるみかん。みかんといえば生のものを皮をむきながら食べるか缶詰のシロップ漬けが身近ですよね。実はみかんにもドライフルーツがあるのをご存知ですか。生のみかんとは違った深い味わいのドライみかんの魅力をご紹介します。

ビタミンCだけじゃない!ドライみかんの栄養

みかんに含まれる栄養素はビタミンA、C、B1、B2、リン、カルシウム、ナトリウムなど豊富です。中でもみかんの栄養を語る上で欠かせないのはビタミンC。ビタミンCは免疫力のアップに効果があり、風邪の予防などに有効とされています。また、風邪をひいてしまったときにも積極的に摂ることで回復しやすいと言います。

また酸っぱさの素クエン酸は疲労回復に効果あり。疲れた時に酸っぱいものを食べたくなるのはからだがクエン酸を欲している証拠です。

みかんを食べるときにきれいに取って食べる人も多い、みかんの白いスジ。実はこのスジや小房の薄皮にはみかんの実の4倍ものペクチンが含まれています。ペクチンはジャムを作るときにとろみを付ける成分として知られ、体内ではコレステロールを下げる物質として効果を発揮します。

やさしい甘みが特徴の国産 酸味がお好みならタイ産

日本で販売されている有田みかんや愛媛みかんはすべていわゆる日本生まれの「温州みかん」です。温州みかんとして販売されていることもありますが大概は生産された地名をブランドとして名付けています。

一方同じ温州みかんでもタイなどの海外で育ったものは酸味が強く香りも柑橘特有の強い香りがします。国産の温州みかんは甘みも香りもやさしく、まさしく私たちが冬に食べるみかんそのもの。その特徴はドライフルーツになっても変わりません。

オーブンでお手軽ドライみかん

市販のドライみかんは小房に分けたものを乾燥させたものが多くみられます。小房に分けたみかんは水分が多く、オーブンで乾かす方が時間がかからず手軽に作ることができます。

小房に分けたみかんをオーブンペーパーの上に並べて100℃で予熱なしのオーブンで1時間。裏反してさらに30分乾かします。様子を見ながら乾かしてください。少し甘みがほしい場合は砂糖と水でシロップを作って軽くシロップ漬けにして作ると良いでしょう。周りにうっすら白くお砂糖が結晶になります。

輪切りで皮ごとドライみかんもおすすめ

みかんの皮を乾燥させたものは陳皮(ちんぴ)と呼ばれて昔から漢方とし重宝されています。たんや咳を止めたり風邪の予防にも効果があります。そのため国産で無農薬のみかんが手に入ったら輪切りのドライみかんにチャレンジしてみましょう。

皮ごとよく洗ったみかんをスライスします。5ミリほどの厚さの輪切りにしたらオーブンペーパーに並べてドライみかんと同じようにオーブンにかけます。果肉の部分のオレンジ色が濃く、ドライフルーツになれば皮ごと食べられるのも魅力です。見た目もかわいく仕上がりますよ。

甘さがやさしいドライみかんはそのまま味わうのがベスト。緑茶はもちろん、ジャスミン茶やウーロン茶などの中国茶、紅茶などどんなお茶とも相性抜群。ジューシーなドライみかんはティータイムのお供にぴったりなんです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー