toggle
2017-02-21

りんごのドライフルーツの栄養と効果と保存方法


一年中スーパーで手に入れることができて生のまま食べるほかにジュースやお菓子作りなど様々な形で私たちにとって最も身近なフルーツ、りんご。そんなりんごの旨味と栄養をギュッと閉じ込めたドライアップルは美容にも健康にうれしい魅力がたくさんあるんです。

かむほどにおいしいドライアップル

まずドライアップルを楽しむならシンプルにそのまま味わうのがベスト。甘みと酸味、ビタミンやミネラルがぎゅっと凝縮されているので噛むほどに口いっぱいにおいしさが広がります。皮をむいたり芯を取り除く手間がないのでカバンの中にしのばせて小腹がすいた時のおやつにもぴったりです。

ドライにすることで栄養価がアップ!

乾燥させて水分を抜いたドライアップルには旨味だけでなく美容と健康にうれしい栄養もたくさん凝縮されます。生のりんご100gに1.4g含まれる食物繊維がドライアップルになると7gに増えます。さらに驚きなのは4mgしか含まれていなかったビタミンCがドライアップルにすることで214mgにも増えるんです。もともとりんごに含まれている酸化型ビタミンCはカットや加熱によって失われにくいため、ドライアップルにすることでさらに栄養価がアップルするんですね。

干し加減や産地、あなたのお好みのドライアップルは?

ドライアップルとひとことで言っても種類も食感もさまざま。国産だと長野や青森、輸入のものだと主にアメリカや中国などがあります。そのまま口にするものですから、安心な産地のものを選びたいですね。

干す前のカットの仕方や干し加減で食感はまったく違ってきます。薄くスライスすれば水分は抜けやすく、少し厚めなものはしっとり半生で楽しめます。

スライスしたりんごをそのまま干した無添加のものから、砂糖や塩、ビタミンCなど甘みや保存性を高めたものなどがあるのでカロリーや糖質を気にされる方は材料も要チェックです。

ドライアップルの楽しみ方はいろいろ

紅茶に浮かべれば甘いりんごの香りが漂う即席のアップルティーに。アップルティーを楽しみつつドライアップルもおいしくいただけます。

ヨーグルトに漬けてひと晩置けばヨーグルトの水分を吸ったドライアップルが生のまま食べるのとはまたひと味違った食感に。お砂糖いらずのヘルシーアップルヨーグルトは朝食にもぴったりです。刻んだドライアップルをパウンドケーキに入れて食感を楽しむなんて方法もいいですね。

家庭で手軽にドライアップルを!

たくさんりんごが手に入って食べきれない…。そんなときはドライアップル作りにチャレンジしましょう。

よく洗ったりんごの芯を取り、お好みの厚さにスライス。ご家庭なら3~5㎜が干しやすい厚さです。オーブンペーパーを敷いた天板に並べて120度のオーブンで1時間半。簡単ドライアップルの出来上がりです。

しっとりしたドライアップルがお好みならスライスしたりんごの10%のお砂糖と少しのレモン汁を合わせてひと晩置いてりんごの水分を引き出します。水分がなくなるまで煮てから風通しのよいところで2~4日干せばまた違った食感のドライアップルに。

家庭用の食品乾燥器を使えば短時間で仕上げることができますね。皮は好みで剥いてもそのままでもOKです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー