toggle
2017-02-27

ブルーベリーのドライフルーツの栄養と効果と保存方法


ヨーグルトやケーキのトッピングで使われるブルーベリー。甘くてジューシーな果実は日本でも人気のフルーツです。アントシアニンも豊富で目にいい事でも知られていますね。なかでもワイルド種は栄養もほかのブルーベリーと比べて豊富なようです。今回はそんなワイルドブルーベリーのパワーについてご紹介します。

自然に育った品種がワイルド種

そもそもワイルドブルーベリーとはどんなブルーベリーなんでしょうか。ワイルドに育てられる?いえ、違います。ワイルド種とは野生の品種という意味で人工的にかけ合わせなどをしていない自然に生えた品種ということです。野生種に対して人工的にかけ合わせたりして育てられた品種を栽培種といいます。日本で手に入るブルーベリーのほとんどがこの栽培種になります。

では栽培種のブルーベリーとワイルド種ではどう違うのでしょうか。ワイルド全体的に小粒で身が引き締まっています。栽培種の1/2のサイズで水分が少なくさらに一粒一粒が微妙に違った味でそれがまた深みのあるブルーベリーのおいしさに繋がっています。豊かな風味は生で食べるのはもちろん、ドライフルーツぴったりな品種なのです。

ワイルド種はアントシアニンが豊富

ワイルド種のブルーベリーは栽培種のブルーベリーにも含まれるアントシアニンがさらに豊富に含まれています。数値にすると栽培種に比べて総ポリフェノール量では2倍も含まれています。さらにアントシアニンに限っていえば40%も多く含まれているのです。ご存知の通りアントシアニンは眼精疲労に効くとされています。スマホやパソコンを見る時間が多い現代人にとってうれしい効果が望めそうです。

また、食物繊維も豊富でフルーツの中でもトップクラス。お通じの悩みが気になる方は毎朝ヨーグルト煮トッピングして食べる習慣を付けると良いでしょう。毎日適量を食べ続けることが大切ですよ。

栽培できない貴重なワイルドブルーベリー

ワイルドブルーベリーはアメリカとカナダの北東部のごく一部でしか収穫することができません。さらにワイルドブルーベリーはとても柔らかく日持ちがしません。そのため生のワイルドブルーベリーは産地でしか味わうことができません。ワイルド種は収穫後冷凍やドライブルーベリーに加工され、世界中に出荷されていきます。

そんな理由から日本でワイルドブルーベリーを手に入れることができません。日本で作られているのもすべて栽培種のブルーベリーです。

ドライブルーベリー作りにチャレンジ

ワイルド種は手に入りませんがブルーベリーが手に入ったらドライブルーベリー作りに挑戦してみましょう。ブルーベリーは皮ごと干せるので下準備の手間もかからず簡単に作ることができます。

洗ったブルーベリーを110℃予熱なしのオーブンで1時間ほど乾かします。途中何度か裏反して均一に乾くようにしましょう。これだけでぎゅっと旨味が詰まったドライブルーベリーになるんです。

おやつとして食べるもよし、ヨーグルトのトッピングにしてもよし、シロップで煮てジャムにすればごろっと食感が楽しいジャムが出来上がります。赤ワインとも相性がいいので赤ワインコンポートでダブルポリフェノールの効果も期待できそうですね。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー