toggle
2017-02-26

ダイエットと美容に!生姜糖とドライデーツの栄養とおすすめの食べ方


昔懐かしい生姜糖。生姜は野菜でフルーツではありませんが、甘く食べやすい生姜糖はお茶うけやおやつとして昔から重宝されています。

デーツは中近東に育つナツメヤシの木の実です。砂漠の多い厳しい自然環境の中でも、ナツメヤシの木はたくましく育ちます。1本のナツメヤシの木から、なんと15000個ものデーツの実が採れるといわれています。

注目のドライフルーツ、デーツと生姜糖について詳しくご紹介します。

古来から重宝される生姜パワー

生姜の原産地はインドやマレー半島南部にかけてのアジアとされています。昔から香辛料や薬効として広く使われてきました。私たちの日常ではすりおろして薬味として使うほかに魚や肉などを調理する際の臭み消しとしても使われます。日本には3世紀ころ、現在の中国から伝わりました。

薬用としての生姜は解毒・解熱・鼻づまり鎮咳・吐き気止めなどたくさんの効果を発揮します。栄養というよりは身体の不具合を調整してくれる効果の方が多いようです。

辛味成分でからだポカポカ

寒い季節に健康を保つには体温を上げることが不可欠。生姜に含まれるピリッとした辛味成分はジンゲロンとショウガオールからくるものです。この辛味成分は単に辛いだけではありません。発汗作用があり、お茶うけとして温かいお茶と食べると身体がぽかぽか温まります。風邪のときに生姜が入った食べ物を食べると効果的なのもそのせいです。

また、生姜には強い殺菌効果もあり、お寿司のときにガリを食べるのもそのため。紅茶に生姜糖をひとかけ入れて飲めば殺菌効果と身体を温める効果で健康な生活を送ることができそうです。つま先や手が冷たい冷え症に悩む人の救世主ですね。

国内なら高知や九州しょうがの名産地

日本で手に入る輸入の生姜糖はタイや中国産が多くみられます。国内ででも生姜は広く生産されていて、国産の生姜糖も比較的手に入りやすいと思います。日本で主に生姜が栽培されているのが四国の高知県です。実に総生産量の40%が栽培されています。次いで熊本や鹿児島、宮崎などの九州です。

角切りやスティックなどの形もありますがそのまま食べるのであればスライスした状態のものを選ぶと良いでしょう。食感も良くおいしく食べられますよ。

生姜糖の作り方

生姜糖は生姜と砂糖だけで手軽に作ることができます。普通の生姜でも作ることができますが辛味が苦手な人は6月~夏にかけて手に入る新生姜でチャレンジしてみましょう。

生姜は繊維に沿って3~5㎜にスライスします。新生姜は皮つきのまま、普通の生姜は皮を薄くむきましょう。スライスしたら30~1時間水に浸けて辛味を抜きましょう。生姜と同量の水・砂糖を火にかけてシロップを作り生姜を入れて20分ほど煮ます。シロップを切って生姜の30%ほどの砂糖を追加してフライパンで15分程火にかけて水分を飛ばします。

グラニュー糖を入れたバットに煮詰めたしょうがを入れ、まぶします。網に広げて乾燥させれば出来上がりです。

おいしい生姜糖作りのポイント

辛味成分は水につけることである程度抜けます。苦手な方はしっかり水に浸けても構いませんがせっかくの効果たくさんの辛味成分、ある程度残しておきましょう。生姜を煮たシロップは生姜シロップとしてソーダ割りやお湯割りでおいしく飲むことができます。無駄なく生姜の効果を取り入れましょう。

生姜糖はお茶うけや生姜紅茶、しょうが湯として楽しめます。

滋養強壮に最適なドライフルーツのデーツの栄養素15種類!

デーツの実にはたくさんの種類の栄養素が豊富に含まれています。中近東でデーツが昔から「神の与えた食べ物」と呼ばれているのはこのためです。古代の時代からデーツの栄養価値は知られていて、滋養強壮や健康管理に役立つ食べ物として大切に扱われてきました。

そんなデーツが含む栄養素と、それぞれの栄養素が体にもたらす具体的な役割をご紹介します。

デーツに含まれるすごい栄養素15種

●ブドウ糖で疲労回復
デーツにはブドウ糖がたっぷり含まれています。デーツがとても甘いのもそのためです。疲労回復に役立ち、脳にエネルギーを与えます。例えば、朝食にデーツを1粒食べれば、脳が元気に動き出し、朝からすっきり活動することができます。

●ビタミンAで美肌づくり
美肌づくりに欠かせない大切な栄養素。皮膚や粘膜を強くしてくれます。また、コレステロール値を調整したり、がんの予防にも有効とされています。視力維持や免疫力アップにもつながります。

●ビタミンB1で脳をサポート
脳や副腎の働きをサポートします。不足すると記憶力低下、不眠、うつなどの引き金にもなります。

●ビタミンB2で細胞強化
細胞を整える作用があります。不足すると老化、粘膜や皮膚の炎症を引き起こします。細胞を生まれ変わらせる働きをもつので、新陳代謝を促進させます。

●ビタミンB6でデトックス
免疫システムに必要な栄養素で、デトックス、神経伝達を促します。不足すると、イライラ、不眠、口内炎などに。

●ビタミンEで抗酸化
体の中で生じる活性酸素を抑えるための抗酸化作用があります。アンチエイジングに必須な栄養素です。

●ナイアシンで神経安定
ナイアシンは糖質や脂質を消化分解するために必要な酵素を補助する役目があります。酵素がよく働けば、代謝のよい太りにくい体に近づくことができます。また、神経や循環器の働きも促進します。

●パントテン酸で疲労対策
全身の細胞を正常に働かせる役割をもっています。不足すると、疲労やアレルギー、足のつりなどをもたらします。

●カリウムで血圧安定
塩分であるナトリウムとのバランスをとりながら、高血圧を予防して血圧を安定させます。むくみ対策にも欠かせない栄養素です。

●カルシウムで骨を丈夫に
骨や歯の健康を保つ栄養素です。神経伝達物質を出して、緊張やイライラを抑える働きをもつので、精神安定にも欠かせません。

●リンで糖質代謝アップ
血液の酸性度やアルカリ度のバランスを保つために必要なミネラルです。ビタミンB群とともに、糖質代謝を促します。また、心臓や肝臓の働きをサポートしてくれます。

●マグネシウムで精神安定
副腎をいたわるミネラルで、神経の興奮を抑えるにも不可欠です。きちんと摂取することによって、神経が安定して精神を穏やかに保ちます。

●鉄分で貧血予防
造血、貧血予防に欠かせないミネラルです。活性酸素を取り除いたり、免疫機能をアップする働きもあります。

●亜鉛で新陳代謝アップ
新陳代謝をよくし、免疫力をアップするデトックスミネラルです。不足するとイライラ、知覚障害などになります。

●葉酸で造血力アップ
造血を助けたり、新しい細胞を作るのに重要な栄養素。不足すると、貧血、下痢、脱力感などを起しやすくします。妊娠中の女性にはとくに重要な栄養素です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー