toggle
2018-10-25

いちごのドライフルーツの嬉しい美肌効果!


春になると甘酸っぱい香りがひろがり嬉しくなります。子供から大人まで大好きないちごですが、ドライフルーツにするとどんな効果があるのでしょうか。実は美白や美肌にもとても効果があります。いちごの効果をご紹介したいと思います。

いちごってどんな果物?

実は野生のいちごは石器時代からヨーロッパやアジア一帯で食べられていました。現在のようなイチゴが栽培されるようになたのは200年ほど前からです。南アメリカから持ち込まれた品種ときたアメリカから持ち込まれた品種が自然交配したものといわれています。日本には江戸時代の終わり頃に一旦伝わりましたが、その時は定着せずにその後にフランスの品種が導入されて本格的な栽培が始まりました。日本では各地でブランドいちごなども栽培されていますが有名なのは、栃木県と福岡県です。栃木県は40年以上日本一の生産量を誇っています。冬の終わりから春にかけての代表的な果物とされており、甘酸っぱい味わいと香りは大人気ですが、実は栄養もたっぷりあります。

いちごのドライフルーツに含まれる栄養素

まずいちごというと思い浮かぶのは、ビタミンCではないでしょうか。レモンより多くのビタミンCを含みます。風邪をひいたときにいちごをよく食べるように風邪予防やひきはじめに効果があります。また、ビタミンCはメラニンの生成を抑えシミ、そばかすを予防してくれます。また、コラーゲンの生成を促す効果もあり美肌に効果的です。加熱することでビタミンCは多少減少しますが、最初に含まれている量が多いためドライフルーツでも十分な量のビタミンCを摂取することができます。そのほかには、体内の活性酸素を減らす効果があるポリフェノールの一種であるアントシアニンやペクチン、カリウムが含まれています。アントシアニンは眼精疲労や視力にも良いとされています。アントシアニンを含む果物はブルーベリーが有名ですがいちごにも同じような効果が期待できます。ペクチンはコレステロールの吸収を抑制する効果があり血糖値の上昇を防いでくれます。最近ではペクチンが腸内環境を整え善玉菌を増やし大腸がんを防ぐ効果があるという事も知られています。むくみや高血圧の予防になるカリウムを多く含んでいることもいちごの大きな特徴です。お酒をたくさん飲んだ後に食べると次の日にすっきりします。虫歯予防に効果のあるキシリトールや、最近注目の栄養素である脂肪を燃焼させるカルニチンも含まれていていちごは栄養の宝庫をいえます。

いちごのドライフルーツのアレンジ

紅茶にいれてフルーツティー

紅茶を入れる際に、茶葉やティーバックと一緒に4~5粒のいちごのドライフルーツを入れてお湯を注ぎます。蒸らした後に注ぐといちごの香りいっぱいのフルーツティを楽しむことができます。いちごのドライフルーツの甘さが効いていてお砂糖なしでもほんのり甘く飲む事ができるのでお子様にもおすすめです。紅茶の茶葉は繊細でやさしい味わいのダージリンがおすすめです。

あまり売っていることが少ないいちごのドライフルーツですがいろいろな栄養素や効果もあるので見つけたら一度お試しください。きっと病みつきになること間違いなしです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー