toggle
2018-11-15

お肉と相性抜群!オレンジのドライフルーツで作るお料理レシピ


オレンジとお肉の相性が良いのはご存知でしょうか。オレンジの酵素がお肉を柔らかくし、しかも爽やかな香りがお肉特有の臭みを消してくれます。特に豚肉や鶏肉と相性が良く、ちょっとした工夫でいつものお料理がおもてなし料理になります。

多様なオレンジの栄養素

しかもオレンジには多様な栄養素がはいっています。例えば、女性には嬉しい美肌や冷え性の改善が期待できるビタミンC。ビタミンCはメラニン色素をおさえ、さらにコラーゲンの生成を助ける働きがあります。また、血流の改善を促し、どろどろの血液をサラサラに毛細血管まで血液が届くことで冷え性の改善にも。コラーゲンによって血管の強化も期待できるので高血圧の予防やコレステロールの低下にも役立ちます。

オレンジの香りに含まれるリモネンには、神経をリラックスさせる効果があるとされストレスの緩和に役立ちます。クエン酸との相乗効果で疲労回復効果もばっちりですね。
今回ご紹介するレシピはオレンジのドライフルーツの魅力を引き出すために、オレンジジュースを使いますができれば濃縮還元ではなく、100%のフレッシュジュースがあればなお良いです。オレンジのさっぱりした風味が食欲を誘い、お肉料理と相性ばっちりのレシピをご紹介したいと思います。

オレンジのドライフルーツと豚バラ肉の角煮

材料

豚バラ肉ブロック 500g
長ネギの青いところ 1~2本
生姜 1かけ
オレンジジュース 200㏄
オレンジのドライフルーツ 100g
醤油 大さじ4
砂糖 大さじ2
酒 大さじ2
オイスターソース 大さじ2
黒コショウ 少々

作り方

  1. 豚バラ肉ブロックを4~5等分しておきます。
  2. 熱したフライパンに油をひかず、1で切った豚バラ肉ブロックを4面焼きつけます。
  3. 4面焼きつけたら水(分量外)をひたひたになるまでフライパンに注ぎ、長ネギの青いところとm生姜を入れて中火~弱火で30分くらい煮ます。
  4. 30分たったら中のお湯と青ネギ、生姜を取り出して捨ててオレンジジュースとドライフルーツ、調味料をすべて入れます。
  5. 沸騰したら全体を絡めながら水分がなくなるまで煮詰めていきます。
  6. 仕上げに黒コショウをたっぷりかけて出来上がりです。

漬け込んで焼いて煮詰めるだけで本格料理!

チキンのオレンジソース煮込み

材料

鶏もも肉 2枚
玉ねぎ 1個
オレンジジュース 200㏄
オレンジのドライフルーツ お好みで100g~200g
白ワイン 大さじ3
塩コショウ 適量
バター 10g

作り方

  1. 鶏もも肉は半分に切ってポリ袋にオレンジジュースとドライフルーツのオレンジを一緒にいれて冷蔵庫で1時間ほどつけておきます。
  2. 玉ねぎはくし切りにしておきます。
  3. フライパンにオリーブ油(分量外)を入れて玉ねぎを炒めます。
  4. 漬けておいた鶏もも肉を入れて焼き色を付けます。(つけておいたオレンジジュースは捨てない)
  5. 鶏もも肉に塩コショウし、鶏もも肉を漬けておいたオレンジジュース、オレンジのドライフルーツを入れます。白ワインを入れてふたをし弱火で15~20分煮ます。
  6. 様子を見ながら汁気を煮詰めていきます。塩コショウで味を調整してバターをおとしたら出来上がりです。

少し、塩コショウは強めの方が味がぼやけずにおいしいので調整してみて下さい。ドライプルーンを5粒ほど一緒に入れてもおいしいです。

オレンジとお肉料理に、黒コショウはとてもあうのでお好みですがたっぷり使うと一層おいしくなります。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー