toggle
2018-02-22

みかんのドライフルーツを食べてみよう


みかんは国内外を問わず多くの場所で栽培されている人気の果物です。多くの日本人は冬になるとこたつに入り、みかんを食べるためみかんは日本人に馴染み深い食べ物です。みかんはそのまま食べても美味しく頂ける果物なのですが、乾燥させたみかんのドライフルーツは、生のみかんとは異なる味や食感を楽しむことができます。みかんのドライフルーツを食べるメリットについて紹介します。

外の皮を食べられるみかんのドライフルーツ

みかんを食べる際、外側の皮を廃棄することが一般的なのですが、みかんを乾燥させて作るみかんのドライフルーツは、外側も一緒に食べることが可能です。みかんの外側にある皮は、がんの予防や骨粗鬆症などに良い影響を与えてくれるβクリプトキサンチンと呼ばれている栄養素が含まれています。

βクリプトキサンチンには、腸を整えて便秘を改善する効果や体をポカポカと温めてくれる効能もあります。それゆえ外の皮まで食べられるみかんのドライフルーツは食べるメリットが大きいといえる食品です。

体のむくみを改善できるみかんのドライフルーツ

みかんのドライフルーツは、皮まで食べることができるため、みかんに含まれている栄養分を効率良く摂取できます。みかんのドライフルーツは、カリウムと呼ばれている栄養素を多く含んでいるのですが、カリウムはむくみの改善に効果があるためむくみで悩んでいる人にオススメです。

カリウムは体の中にある水分の量を調整する効果があるミネラル成分です。それゆえ、カリウムをきちんと体内に摂取することで体のむくみを改善できます。

コレステロール値が気になる人に食べて欲しい

みかんのドライフルーツは、コレステロール値を調整する効果が期待できる食べ物です。それゆえ、病院の検査などでコレステロールの値が気になった人はみかんのドライフルーツを食べましょう。みかんのドライフルーツは、ペクチンと呼ばれている食物繊維を含んでおり、摂取することでコレステロール値を下げることが可能です。

また、ペクチンは食物繊維ですので同時に便秘の解消も可能です。そのため、コレステロール値を下げながら腸を整えることができます。食べることで得られるメリットが多いドライフルーツですので、自分で作ったりスーパーで買ったりしながら摂り入れることが大切です。

みかんのドライフルーツは魅力的な食べ物

みかんのドライフルーツは、コレステロール値を抑える効果や体のむくみを解消することができる食品です。食べることで期待できる効果が多い食べ物です。みかんのドライフルーツの中には、食べやすいように砂糖漬けされているものもあります。カロリーが気になる方は、食べる前に水で洗うなどして砂糖を取り除きましょう。

みかんのドライフルーツはみかんを乾燥させて作られるのですが、同じ食べ方だとどうしても飽きてしまいます。そのような時は、紅茶のティーパックと一緒にみかんのドライフルーツを入れてフルーツティーにして飲んでみましょう。

いつもとは違う方法でみかんの香りを楽しむことができるので、オススメです。お茶を飲んだ後にコップに残ったみかんのドライフルーツは柔らかくなっていますので、そのまま食べるよりも食べやすくなっています。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー