toggle
2018-04-20

ウィスキーに合うのはどれ?!ドライフルーツ7種漬け込み比較


ウィスキー、苦手な方もいらっしゃると思いますが、ハイボールにするなどポピュラーなお酒の一つですよね。お酒に漬けたドライフルーツ、美味しいけど何と何を組み合わせればいいんだろう?どんな料理・お菓子に使うといいんだろう?なかなかまとまっているものもないので、今回はドライフルーツを漬け込んで比較してみました。

比較するドライフルーツと方法

比較するドライフルーツ:

今回はなるべく一般的なドライフルーツで比較してみました。

  • いちじく
  • アプリコット
  • もも
  • レーズン
  • クランベリー(クランベリーのみ、着色料・砂糖あり)
  • マンゴー
  • オレンジ

比較方法:

・Jim Beamを使用

・1時間漬け込み、それぞれ食べ比べる

1、いちじく 2、アプリコット…苦みが減少。ウィスキーに負けない甘み健在

①のいちじくと②のアプリコットについては、どちらも砂糖が入っていないにも関わらずお酒に漬けこんでも強い甘みが保たれていました。むしろウィスキー特融の苦みが少し緩和されたような気さえするくらい、お酒の刺激が減って丸く濃厚な甘みに。

どちらも味がお酒に負けないので、漬け込んだものをミキサーにかけバニラアイスクリームに乗せると…とても美味しい大人のデザートになりました。また、加熱して味を調えればお肉のソースとしても。

3、もも 6、マンゴー…お酒と合う甘みに。

③もも、⑥マンゴーともに甘みが強く残りました。ただいちじくやアプリコットと違い、甘さがお酒に勝つというよりは、お酒が中に染み込んだ結果とても美味しい、という感じ。肉厚のいちじく・アプリコットより、お酒をより吸い込んだ結果のようです。

特にももは、漬け込んだあとのウィスキーがトロッとしていました。寒天などにも含まれるペクチン(水溶性食物繊維)が、ウィスキーに粘性を与えたと思われます。

このお酒を使わない手はないので、漬け込んだウィスキーごとカクテルに利用するのもよいでしょう。また、牛乳と砂糖を加えてミキサーにかければ、大人のかんたんジェラートになりそうです。

マンゴーも桃と同じくウィスキーを吸って好相性ですが、ウィスキーはとろっとしません。また繊維をより強く感じるので、あまり細かく刻みすぎると歯に残ってしまうかも。粗みじん程度にして楽しむのがよいかもしれません。

4、レーズン 7、オレンジ…お酒に負ける場合も。砂糖を加えて。

④のレーズンと⑦オレンジは、一言でいうと漬け込みすぎました。特にオレンジはドライにした状態だと水分がほとんどないため、お酒に漬けるとぐんぐん吸い込み、ほとんどお酒を食べている状態に。風味はすごく合うので、もし漬けたものをそのまま食べたい場合はセミドライなどにするとよいかもしれません。

レーズンも同様に、ぷっくりと膨れるくらいお酒を吸い込み、お酒を食べている状態に。浅漬けにした上で、甘みがお酒に負けてしまわないよう、チョコレートやケーキ記事に混ぜ込むとよいかもしれません。

5、クランベリー… 苦みが強く、着色料が流出

クランベリーだけ無添加のものを見つけることが出来ずに実験した結果、着色料がウィスキーに流れ込み、一皿だけウィスキーが真っ赤に…一種異様な光景でした。

食べてみると、甘みがウィスキーに流れ出し、苦みが強まったように感じました。浅漬けにすれば、あるいはケーキ記事などにウィスキーと一緒に混ぜ込むなら大丈夫だろうと思いましたが、長時間の漬け込みはあまりおすすめしない結果に。

いかがでしたか。身近なお酒と合わせることで、さらに楽しみ方は広がります。ぜひ他のドライフルーツも試してみてください。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー