toggle
2018-03-08

ゴーヤーのドライフルーツは栄養満点!


ゴーヤーは沖縄県などで作られているニガウリで、独特の苦みと緑色の見た目が特徴的です。ゴーヤーはジュースにして飲んだり、卵やポークと混ぜてチャンプルーにして食べたりすることが多い食材なのですが、乾燥させてドライフルーツにして食べる人が増えています。ゴーヤーをドライフルーツにする方法や注意点、含まれている栄養素などについて学びましょう。

ゴーヤーのドライフルーツの特徴

ゴーヤーを乾燥させる時は、基本的に天日干しをします。りんごやみかんなどの水分が多い果物の場合、完全に乾燥させるために時間がかかってしまうのですが、ゴーヤーは元々水分が少ないため、短時間で乾燥させることが可能です。

ゴーヤーを乾燥させた商品は通信販売で手に入れたり自分で作ったりすることができますので、誰でも気軽に手に入れることができます。ゴーヤーは元々カロリーが低い食材で、100gあたり17kcalしかありません。そのため、少し食べ過ぎてもカロリーの心配をすることはありません。水に戻してお茶として飲んだり佃煮に混ぜたりするなど使い勝手の良いドライフルーツなので、高い人気があります。

ゴーヤーのドライフルーツに含まれる栄養成分

ゴーヤーは、貧血を改善する効果が得られる鉄分や骨を丈夫にしてくれるカルシウム、肌を美しくするために欠かせないビタミンCなどが豊富に含まれた食べ物です。

そのため、食べることで体を健康に保つことができます。そのまま食べてもたくさんの栄養素を摂取することができるのですが、乾燥させることによって鉄分の量が30倍になり、カルシウムは15倍、ビタミンCが10倍になりますので少ない量で効率良く豊富な栄養素を摂り入れることが可能です。

乾燥させることで栄養素が凝縮され、たくさんの栄養成分を体に入れることができますので、ゴーヤーを乾燥させて食べることのメリットは大きいと言えます。

ゴーヤーのドライフルーツを作る時に気をつけるべきこと

ゴーヤーは乾燥させることでより多くの栄養素を摂取することができるため、ドライフルーツを作りたいと思う人はたくさんいます。ゴーヤーのドライフルーツを作る時は、ゴーヤーを半分にカットし、中の綿や種を取り出してから乾燥させる必要があります。

ゴーヤーの綿部分には苦みの原因が入っていますので、取り出さずに乾燥させてしまうと苦みが強いドライフルーツになってしまいますので、必ず取り除きましょう。しっかりと乾燥させるためにゴーヤーを天日干しする時は、ゴーヤーが重ならないよう、置き方に注意することが大切です。

体に良いゴーヤーのドライフルーツ

ゴーヤーを天日干しして作られるドライフルーツは、ビタミンやカルシウムなど健康体を維持する為に必要とされている成分がたくさん入っています。独特の苦みがあるゴーヤーですが、カロリーが低く肌を美しくする効果があるため、食べるメリットが大きい食材です。水分が少ないのですぐにドライフルーツにすることができますし、乾燥させることで栄養成分が多くなりますので、そのまま食べるよりも効率良く栄養素を摂取することが可能です。

通信販売で手に入れたり、自宅で作ったりしながらゴーヤーのドライフルーツを作ってみましょう。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー