toggle
2017-08-25

ダイエットにおすすめ!ドライフルーツのパイナップルのもつ6つの栄養素とその効果


南国の果物パイナップルを天日干しして作られるドライパイナップルは、多くの栄養素を含んでいる優秀なドライフルーツです。
パイナップルは生のままだと酸味が強く、苦手な人もいるかと思いますが、ドライパイナップルは酸味が抑えられて甘みが強くなるので、生のパイナップルが苦手な人にもおすすめです。
ただしパイナップルはドライにすると生で食べるよりビタミンが減ってしまうので、ビタミンを取りたい場合は生のまま食べるほうが良いです。

クエン酸

クエン酸は名前の通り酸味の成分です。
疲労回復の効果があり、特にスポーツの前後にクエン酸をとるとエネルギー補給が出来るのでおすすめです。
また、クエン酸は血液の流れを促進させ、新陳代謝を向上してくれる効果もあります。
血液がサラサラになると、高血圧や動脈硬化の予防が出来ますし、栄養が行き渡りやすくなり体の毒素が取り除かれて、美肌効果や冷え症の改善にも繋がると言われています。

食物繊維

食物繊維はドライフルーツの主成分の一つで、便秘改善に効果があります。
パイナップルは生のままより、ドライパイナップルにすることにより食物繊維が2倍近く増えます。
食物繊維はが豊富に含まれているドライパイナップルを食べることにより、体内のガスやむくみを外に出す効果があります。
体内に溜まっている毒素を外に出すと余分な体重が落ちるのでダイエットにも繋がります。
また、毒素が抜けると体が正常に動くようになり、新陳代謝が改善され太りにくい体質に変わります。

ブロメライン

ドライパイナップルに含まれている成分として特有なブロメライン。
あまり聞いたことないと思いますが、ブロメラインはタンパク質を分解する酵素の一種で、脂肪燃焼効果が非常に高い成分です。
ブロメラインは、体に毒素が貯まるのを未然に防いでくれる効果があります。
また、胃もたれを防いで胃や腸を健康に保ってくれる働きもあります。
ブロメラインは、タンパク質を一緒に食べるとタンパク質だけを食べるより、多くのタンパク質が体内に吸収されます。
タンパク質には筋肉を作ってくれる働きがあるので、筋肉を作ることにより代謝が上がり、1日の消費カロリーが増えてダイエットに繋がります。

マンガン

そんなに多くはありませんが、パイナップルには果物の中ではトップクラスのマンガンが含まれています。
マンガンは、カルシウムの体内への吸収率を高め、骨や関節を丈夫にして骨粗しょう症を予防してくれる効果があります。
カルシウムは体内に脂肪が吸収されるのを妨げてくれる働きがあり、体に脂肪がつきにくくなるので、ダイエットにも効果があります。

ビタミン

パイナップルにはビタミンも含まれていて、ビタミンCはシミやしわを防いでくれる効果やストレスを和らげる効果があります。
また、ビタミンB6は髪の毛や皮膚、爪を丈夫にしてくれます。
さらにビタミンB6は肌荒れも防ぎ美しい肌を保つのに必要な栄養素です。

カリウム

パイナップルにはカリウムも豊富に含まれていて、むくみを解消してくれる効果があるのでダイエットに効果的です。
むくみの多くの原因は、余分な塩分や水分が貯まることによっておこります。
カリウムには利尿作用があり、余分な塩分や水分を排出してくれます。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー