toggle
2017-04-04

ダイエット前に知っておきたいドライフルーツのカロリーと適量とは?


いまや健康食のひとつとして、すっかり人気が定着したドライフルーツ。以前はドライフルーツといえば干しブドウ、干しアンズ、干し柿などが一般的でしたが、今ではありとあらゆる果物のドライフルーツが作られており、簡単に手に入れることができるようになりました。でも、「高カロリーだから」という理由でダイエットには良くない、と思っている人もいます。ドライフルーツは健康食だけど、ダイエットの敵なのでしょうか?

ドライフルーツは美味しい保存食

そもそも、なぜこんなにドライフルーツが人気なのでしょう。その理由のひとつは、保存食であること。生の果物は当然、長持ちしませんし、新鮮でなければ美味しく食べれません。でもドライフルーツならば、買ってから最低数ヶ月間はいつでも美味しく食べることができます。まさに優秀な保存食といえますね。

ドライフルーツを食べ過ぎると、どうなる?

手軽に楽しめて美味しくて、栄養面でも優秀なドライフルーツ。保存もきくので、家にストックしておくと嬉しい食材のひとつです。でもときに食べ過ぎてしまうことも。特に大きいパッケージで買った場合は、要注意。一度食べだしたら止まらなくなってしまう、なんてことも無きにしもあらずです。どんなにヘルシーな食品でも、食べ過ぎればカロリー過多になるのは当然のこと。ドライフルーツだって、たくさん食べてしまえば太ることがありえるのです。

ダイエット特集の「間食にドライフルーツ」は正しい?

雑誌のダイエット特集などでもよく、ドライフルーツが提案されていたりしますね。カロリーたっぷりの甘いお菓子の代わりに、ドライフルーツをつまむ。確かにヘルシーなイメージです。でも案外見落とされているのは、摂取量やカロリーの目安が表示されていないこと。チョコレートケーキ一切れを我慢したからといって、その代わりにドライフルーツをお腹いっぱい食べてしまったとしたら。カロリー的にはチョコレートケーキと同じ、なんてこともありえます。

知っておきたいドライフルーツのカロリー

ドライフルーツを食べて逆に太ってしまった、なんて悲しいダイエット結果にならないためにも、ドライフルーツのカロリーを知っておくと安心です。だいたいの数字を頭の片隅にインプットしておくだけで、食べすぎの危険はなくなるはず。そして、「ドライフルーツは高カロリー」という情報に惑わされずに、美味しく楽しむことができます。

人気ドライフルーツのカロリーはどれくらい?

人気の高いドライフルーツのカロリーを比較してみます(100gあたり)。

レーズン 311kcal

アンズ    246kcal

イチジク  271kcal

イチゴ    341kcal

ブルーベリー 311kcal

マンゴー  368kcal

果物によって多少のバラつきはありますが、100gあたりの平均カロリーは308kcal。確かに生の果物と比べれば高カロリーです。ただし、ドライフルーツは一粒が軽いので、一度に100g食べるということはあまりないはず。例えば、大さじ約1杯分のレーズンで6g、カロリーはわずか19kcal。お茶碗に山盛りのレーズンを食べない限り、100gも食べるなんてことにはなりません。これを知ったら、少し安心しませんか?

食べ過ぎなければ大丈夫!ドライフルーツの適量とは?

ドライフルーツのカロリー数値だけを見て、「高カロリー?」と心配する必要はありません。ただし、ドライフルーツで空腹を満たすような食べ方をしてしまうと、とんでもない高カロリーということになります。何でも適量が大切ですね。ドライフルーツの適量は、レーズンやブルーベリーなどの小さいフルーツなら大さじ1~2杯程度、アンズやマンゴーなどの大きめの果物ならば手の平に軽く乗る程度。これを知っておけば、安心して美味しく楽しめるはずです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー