toggle
2017-04-11

ダイソーで買えるドライフルーツ6選


いまや、ないものはないと言われるほど何でも揃う場所として定着している100円ショップ。もちろんドライフルーツだって売っています。1回分のおやつやおつまみとして買いたいとき、食べ過ぎが心配な場合、手軽に100円分のドライフルーツを楽しみたい場合などなど。ドライフルーツを100円ショップで買うメリットはたくさんあるはずです。

ダイソーではどんなドライフルーツが揃っているのでしょうか。種類や特徴、楽しみ方などをご紹介していきます。

オレンジピール好きな人におすすめダイソーのオレンジのドライフルーツ

1袋30g入りのオレンジのドライフルーツ。カロリーは90kcal。ナチュラル志向の方にとっては、クエン酸と砂糖が加えられている点がマイナスポイントでしょうか。皮と果肉がしっかりついたタイプで、赤系オレンジ色をしています。オレンジの皮の白い部分はもともと苦味が強い部分なので、ドライフルーツにしても苦味が出ます。オレンジピールが大好きな方、甘みだけでなく苦味も得意な方に好かれる味といえそうです。

大粒で甘みしっかりダイソーの桃のドライフルーツ

桃が大好きな方なら思わず反応してしまいそうな、ドライフルーツの桃。ダイソーでたった100円で買えるとは驚きですね。1袋30g。1粒が大きめサイズなので、1袋に入ってる個数は少な目です。桃はもともと甘みの強いフルーツなので、ドライフルーツにするとさらにしっかり甘くなります。ダイソーのドライフルーツの桃は、まわりにも砂糖がまぶされているタイプ。酸味よりも甘みが強いドライフルーツなので、ちょっと甘いものが食べたいときなどにぴったりです。

爽やか風味のダイソーのレモンのドライフルーツ

レモン好きな方、オレンジのドライフルーツが好きな方に気に入ってもらえそうなレモンのドライフルーツ。1袋30g入り。果肉よりも皮の部分が多く、レモンピールの味わいとよく似ています。噛みごたえがあって、爽やかなレモンの風味もしっかり。レモンピールの代わりにお菓子に使うことも出来そうです。

お茶受けにぴったりダイソーの柚子のドライフルーツ

オレンジ、レモンときたら、柚子。ダイソーのドライフルーツは柑橘類が充実しています。柚子の皮はレモンの皮よりも厚めなので、ドライフルーツにすると果肉よりも皮が主役になります。これも柚子ピールと似た印象です。柚子が大好きな方にはきっと気に入ってもらえる味です。日本茶のお茶受けなどにぴったりです。

コスパがいいお買い得品ダイソーのトマトのドライフルーツ

野菜だと思われがちですが、実はフルーツの1種であるトマト。ドライフルーツになったトマトを食べてみると、甘みがギュっと凝縮していて、確かにトマトはフルーツってことを実感できます。ダイソーのトマトのドライフルーツは、1袋なんと80g入り。ほかのドライフルーツの倍以上も入っているので、かなりコスパがいい商品といえます。甘みと酸味が両方しっかりあって存在感のある味わい。おつまみとして、チーズやワインと一緒に食べるのがオススメの食べ方です。

隠れた人気商品ダイソーのココナッツチップスのドライフルーツ

ココナッツオイルが健康に良い油として注目を浴びる中、あらゆるココナッツ商品にも注目が集まっています。ココナッツチップスのドライフルーツは、まだトライしたことのない方も多いかと思うので、まずはダイソー商品で味見してみるのがいいですね。ココナッツの香りとサクサクぱりぱりの食感は、ちょっとクセになりそうな味わい。そのままポリポリとスナック感覚で食べるもよし、クッキーなどの焼き菓子に入れてみたりしても良いですね。

今後さらに種類が増えるかも?ダイソーのドライフルーツ

以上ご紹介した以外にも、定番のレーズンやプルーン、梅のドライフルーツなどが売られています。またダイソーのドライフルーツ商品には、数量限定商品があるそうです。ドライフルーツ人気が高まっているので、今後さらにドライフルーツの種類が増えることが期待できそうですね。これからどんなフルーツが顔を揃えるのか楽しみです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー