toggle
2017-08-23

ドライフルーツがダイエット中のおやつに良い理由とおすすめのドライフルーツ3選


ドライフルーツは濃厚でしっかりとした甘みがあり、腹持ちが良いのでダイエット中のおやつに最適です。
ドライフルーツの腹持ちが良い理由は甘みが果糖であることです。
果糖はゆっくりと吸収されて、血糖値をゆるやかに上げていきます。
血糖値がゆるやかに上がると、急に低下はしないので、空腹を感じるまで時間がかかります。
さらにドライフルーツは噛みごたえもあるので、少ない量でも満腹感がしっかりと感じられます。
また、ドライフルーツに含まれている水溶性食物繊維は、水に溶ける性質を持っているので、体の中でゲル状に変わります。
そのため消化するのに時間がかかり、空腹を感じるまで時間がかかるので、腹持ちが良くダイエットに最適です。

プルーン

プルーンは100gあたり237キロカロリーとカロリーが少なめです。
食後の血糖値の急な上昇や、コレステロールの吸収を抑える働きもあります。
プルーンにはカリウムが含まれているので、むくみ予防にも効果があります。
また、プルーンに含まれているポリフェノールには、若々しさを保つ効果があります。
さらにビタミンB郡・亜鉛・銅には、脂肪を燃焼させる働きもあるので、まさにダイエット中におすすめなドライフルーツです。
鉄分も含まれているので、ダイエット中の貧血予防にもなりますし、何よりドライプルーンはスーパーなどにもよく売られているので、手に入れやすいです。

イチヂク

イチヂクは100gあたり271キロカロリーとカロリーが少なめです。
ドライフルーツは食物繊維が豊富に含まれていますが、イチヂクは特に食物繊維が豊富に含まれているので、便秘によるポッコリお腹に効果的です。
食物繊維が本当に豊富なめ、食べすぎると下痢をしてしまうこともあるそうなので、1日に3個以上は食べないように注意して下さい。
また、カルシウムが100gあたり300mgと、とても豊富に含まれています。
さらに女性ホルモンと同じ働きをするエストロゲンも含まれているので、女性にとてもおすすめです。

アプリコット

アプリコットは100gあたり246キロカロリーとカロリーが少なめです。
βカロチンのもつ抗酸化作用によるアンチエイジング効果や、肌のハリやツヤも保つ効果もあり、ダイエットしながら美しくなることが出来ます。
また、アプリコットに含まれているカリウムはデトックス効果が高く、体内に取り込むと毒素を排出するように促してくれる効果があります。
さらに鉄分も含んでいるので、ダイエット中に起こりやすい貧血の予防もしてくれます。
他にも疲労回復効果があるとされているので日頃の仕事や勉強で疲れている時などにもおすすめなドライフルーツです。

食べすぎには注意

ドライフルーツはダイエット中のおやつに最適ですが、食べすぎてしまうとかえって肥満を促進してしまうので、1日の摂取量をきちんと守ることが大切です。
ドライフルーツのダイエット中の摂取量は1日80gまでと言われています。
アプリコットなら約2個になります。
ドライフルーツは美味しいので食べはじめるとパクパクと止まらなくなってしまうなんてこともあると思うので、食べ過ぎ防止のために1日分のドライフルーツを取り分けておくことをおすすめします。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー