toggle
2018-04-20

ドライフルーツで簡単本格派!いつもの料理に合うソース4選


ドライフルーツは、お料理にもどんどん使っていくことができます。特に和食にはもともとなかった食文化である分、少し抵抗もあるかもしれませんが、とにかく乾物だと思えばいいのです。料理に果物独特のフレッシュさを、しかも思い立ったときに与えることが出来ます。

今回は取り入れやすい「ソース」のおすすめレシピを紹介します。お肉に、お魚につけるだけで華やか…ぜひやってみてくださいね。

濃厚な甘み!プルーンの赤ワインソース~牛肉に添えて~

材料(2人分):

・ドライプルーン…6粒ほど

・赤ワイン…150ml

・醤油…小さじ1

・味醂…小さじ1

・蜂蜜…小さじ1

・オイスターソース…大さじ1

調理方法:

  • ドライプルーンと赤ワインをミキサーにかけ、プルーンの原型をなくします。
  • 1とその他全ての材料を鍋に入れ、弱火でことこと煮詰めます。
  • 焼いて塩・胡椒をした牛肉を絡ませ、いただきます。

このレシピは割合甘めになります。お好みで蜂蜜を減らしたり、ケチャップなどを足したりしてもよいでしょう。深い甘みのある、牛肉に負けないソースが簡単にできます。ぜひ週末の晩餐に。

酸味と甘みのハーモニー!桃とバルサミコ酢のソース~ポークソテー添え~

材料(2人分):

・ドライ桜桃…1枚

・赤ワイン…50ml

・バルサミコ酢…大さじ2杯

・醤油…大さじ2杯

・はちみつ…小さじ1杯

・塩…適宜

・胡椒…適宜

調理方法:

  • ドライ桜桃を赤ワインの中に入れ、一晩寝かせる
  • 1をミキサーにかける
  • 1と残りの調味料を混ぜ、弱火で火にかける

赤ワインとバルサミコ酢の酸味と、桜桃とはちみつの甘みがバランスよく、豚肉の油と合わさってとても美味しいです。バルサミコ酢の酸が抜けてしまうと風味が変わってしまうので、あまり長時間火にかけすぎず絡む程度にするのがポイントです。

さっぱりとした酸味!ゴールデンベリーのさっぱりソース~白身魚に~

ゴールデンベリー(ほおずき)は、酸味がありますが噛んでいると後からさっぱりとした甘みが追いかけてきます。酸味と塩気が、淡白な白身魚にとても合うソースです。

材料(2人分):

・ゴールデンベリー(ほおずき)…15粒ほど

・オリーブオイル…50ml

・ローズマリー…1本

・岩塩…適宜

・胡椒…適宜

調理方法:

  • ゴールデンベリーをオリーブオイル、ローズマリーとともに容器に入れ一晩寝かせる
  • 火にかけ、岩塩・胡椒と合わせる。そのまま白身魚などを調理する。

一般的なオリーブオイルのソテーが、ゴールデンベリーの甘酸っぱさが合わさることで一味違った料理に変身します。

甘いソースはデザートに!クランベリーの甘いソース

最後は甘いソース。クランベリーの赤が華やかなソースです。ヨーグルトにかけても美味しいですし、ケーキの横に添えるだけで一気に華やかに。

材料(2人分):

・クランベリー…40粒ほど

・水…30ml

・レモン汁…10ml

・グラニュー糖…大さじ1杯

調理方法:

  • 水とクランベリーをミキサーにかける
  • 1を火にかけ、グラニュー糖を加えて静かに混ぜる
  • 最後にレモン汁を絞り、ひと煮立ちさせ、冷ます

甘いソースのレシピですが、グラニュー糖の代わりにバルサミコ酢を使うことで、お肉に合う酸味のあるソースに変えることもできます。材料一つであっという間に表情が変わるソース、奥が深いですね。

いかがだったでしょうか。そこに少しあるだけで、お料理のグレードが一気に上がるソース。難しいようですがドライフルーツで簡単に作ることが出来ます。ぜひ試してみてください。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー