toggle
2018-02-23

ドライフルーツとヨーグルトを混ぜてみよう!


ドライフルーツをパウンドケーキやグラノーラなどに混ぜて食べる人がたくさんいます。たくさんの食べ方があるドライフルーツですが、ヨーグルトと混ぜることでたくさんのメリットが得られます。美味しく頂きながら得られるメリットが大きいヨーグルト漬けドライフルーツの魅力について勉強しましょう。

ヨーグルトと混ぜることで生まれる効果

ヨーグルトは、乳酸菌を多く含む食品で、腸を整えるのに最適です。プレーンタイプのヨーグルトは酸味が強く、人によっては苦手だと思っている人がいます。そこでオススメなのが、ドライフルーツを混ぜて食べることです。

ヨーグルトにドライフルーツを入れることでドライフルーツの甘さが加わり、よりおいしく食べることが可能です。また、ドライフルーツに含まれている食物繊維を同時に摂取することができます。水に戻すことなく柔らかく食べられますので、水溶性の食物繊維を効率良く摂取することが可能です。

よりおいしく食べられる!

ドライフルーツをヨーグルトに入れることで、口当たりが良くなり、美味しく食べることができます。ドライフルーツをそのまま食べるとどうしても硬さが気になってしまうのですが、ヨーグルトに入れることでヨーグルトに含まれる水分を吸収するので柔らかくなります。

水で戻すことで柔らかくなるドライフルーツですが、ヨーグルトに入れるとヨーグルトの香りや適度な酸味が加わりますので、水で戻すよりもおいしく頂くことができます。プルプルとした食感になったドライフルーツを堪能できるヨーグルト漬けは人気のメニューです。

冷蔵庫に入れていつでもすぐに食べられる

ドライフルーツは長期間保存できる食品として有名です。オレンジや桃など、たくさんの果物から作られるドライフルーツですが、ヨーグルトに入れることで柔らかくなり、おいしく食べられます。ヨーグルト漬けしたヨーグルトをタッパーに入れることで、冷蔵庫で4日ほど持たせることができます。

そのためまとめて作っておけば朝食やおやつを作る際、すぐ準備することができますので忙しい方にオススメできるメニューです。

ドライフルーツのヨーグルト漬けをパンに塗ろう!

ドライフルーツをヨーグルトに入れて漬けて食べる人は多いのですが、食べ方を工夫することで、飽きることなくドライフルーツのヨーグルト漬けを食べることができます。ヨーグルトに入れたドライフルーツを食パンに塗り、そのまま食べることで甘酸っぱいフルーツサンドになります。朝食に最適なメニューなのですが、焼かずに食べることがポイントです。パンを焼いてしまいますとしっとりとしたふわふわの食感が失われてしまいますので気をつけましょう。

ドライフルーツをヨーグルトの中に入れてみよう

ヨーグルトは健康に良い食品であり、高い人気がある食べ物です。ヨーグルトをよりおいしく食べるには、ドライフルーツを加えることが大切です。ドライフルーツを入れることでレーズンやマンゴーなどの香りと独特の甘みが加わります。食物繊維やビタミンなどを効率良く摂取できるドライフルーツのヨーグルト漬けを食べることが大切です。食べ方を変えるなどして工夫すれば飽きることがありませんので、インターネットなどでメニューを調べてみましょう。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー