toggle
2018-11-16

ドライフルーツと筋肉の素敵な関係


ドライフルーツと筋肉?と首をかしげる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はドライフルーツと筋肉には素敵な関係があるのです。知れば、納得。きっと試してみたくなると思います。

筋肉の仕組み

整えられた身体に美しくつく筋肉、誰しもがあこがれると思うのですが美しく筋肉をつけるにはトレーニングだけでなく食生活もとても大切なのをご存知でしょうか。
筋トレを行うにしろ、他の運動を行うにしろ身体を動かすにはエネルギーが必要です。筋肉にとって、もっとも素早くしかも効率的に利用できるエネルギーがグリコーゲンという物質になります。グリコーゲンは炭水化物を摂取したあとに分解されるブドウ糖がたくさんつながったもので、肝臓や筋肉に一時的に貯蔵され筋肉を動かす際にもっとも利用効率の良いエネルギー源となります。つまり、このグリコーゲンを筋トレ開始前までに十分に体内へ貯蔵できているかどうかが、どれだけトレーニングを効果的にできるかにかかってきます。

筋肉を作るために必要な食べ物

筋トレ前には筋トレ中にエネルギー不足にならないようにや筋トレ中のけがの防止のために必要な栄養素をしっかりとることが大切です。筋トレ前に食べる食事は時間も大切で筋トレ直前と、筋トレの2~3時間前に摂取することがよいとされています。筋トレの2~3時間前に摂る食事は通常の食事と同じような内容でよく、消化に時間のかかるものがおすすめです。消化に時間がかかるとゆっくりとグリコーゲンに代わっていきます。また、デンプン質やたんぱく質がしっかりとれる食事がおすすめです。

筋トレの直前に食べるもの

筋トレの直前に食べておきたい食べ物は、筋肉の修復や筋肉を動かすための栄養素となるものが必要です。バナナやヨーグルトも良いのですが、なかなか持ち歩くには難しくすぐにどこでも食べられるというものではありません。そんな時有用なのが、ドライフルーツです。

ドライフルーツがおすすめな理由

ドライフルーツは単純炭水化物に分類されます。単純炭水化物とはドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)などの糖類、精白した穀類など、消化・吸収の速い炭水化物です。 これらは、分子が小さく体内ではすぐに分解され、最も速やかにエネルギーとなります。筋トレが始まってすぐにエネルギーになるので直前に食べることで最大限の力を発揮できます。種類も豊富で栄養素もたっぷりのドライフルーツはまさに、筋トレにぴったりのたべものだといえます。また、ドライフルーツは乾燥しているのでカバンの中に入れておいても悪くなりにくくどこでも食べられるメリットがあります。最近ではコンビニでも販売されているので手軽に入手することができます。

筋肉をつくるのにおすすめのドライフルーツ

筋肉をつくるのにおすすめのドライフルーツは、食物繊維が豊富でエネルギーに代わりやすいバナナや、抗酸化物質のポリフェノールの一種アントシアニンが筋肉の疲労を抑える効果があるブルーベリー、ブルーベリーと同じようにアントシアニンは豊富ないちご、消化酵素と食物繊維が多く含まれていてたんぱく質を分解し消化しやすくするパイナップルなどがよいといわれています。

このように、筋肉とドライフルーツの面白い関係。これから筋トレする時にはぜひ、ドライフルーツを食べてからするとよいと思います。ただし、一点注意があります。ドライフルーツを選ぶ際は必ず砂糖不使用のものを選ぶことを心がけて下さい。砂糖たっぷりだと得られる効果が半減するだけでなくデメリットまで増えてしまいます。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー