toggle
2017-07-28

ドライフルーツと紅茶で美味しいフルーツティーを作る4つのポイント


ヨーロッパでは、紅茶といえばフルーツティーというほど、親しまれている飲み物です。
フルーツのビタミンやクエン酸などの栄養を手軽にとることが出来るドリンクです。
生のフルーツで作るのが一般的だと思われていますが、ドライフルーツで簡単に作ることが出来ます。
紅茶専門店では、フルーツティー専用のフルーツミックスなども販売されていますが、お好みのドライフルーツで作ることが可能です。
ドライフルーツで美味しいフルーツティーを作る方法と、ポイントを4つ紹介していきます。

フルーツティーの作り方

まずはお好みのドライフルーツを用意します。
ドライフルーツは単品でも美味しいですが、色々なものをミックスするとさらに美味しくなります。
量はティーカップ1杯に対して大さじ1程度ですが、お好みで調整して下さい。
オイルコーティングされているものは湯通しして、オイルコーティングを取り除きます。
そのあと大きなドライフルーツは細かく切っておきます。

《ホット》
カップにドライフルーツを入れます。
紅茶のティーパックとお湯を加えて3分ほど蒸らします。
紅茶の色が出たらティーパックを取り出して完成です。
ドライフルーツの甘みが出ますが、足りない場合な蜂蜜や砂糖を加えても大丈夫です。

《アイス》
ティーポットに紅茶のティーパックとドライフルーツを入れ、お水を加えます。
3時間ほど冷蔵庫に入れておき、紅茶の色が出たらティーパックを取り出して完成です。
寝る前に作って冷蔵庫に入れておけば翌朝美味しいフルーツティーが楽しめるのでおすすめです。
水出し紅茶はホットで飲むより渋みが抑えられ、ドライフルーツの風味がしっかりと紅茶に移るので、ホットとは違った味が楽しめます。

ポイント1

フルーツティーに使うドライフルーツはフリーズドライや、オイルコーティングがされていない無添加のものがおすすめです。
オイルコーティングされているものを使う場合は、必ず湯通ししてオイルコーティングを取ってから使うようにしましょう。
湯通しすることによって添加物も取り除けるので、安心です。

ポイント2

フルーツティーを作る時に使ったドライフルーツはカップに入れてフルーツティーと一緒に美味しくいただきましょう。
浸水した時間により、甘さや風味の抜け具合は異なりますが、一緒に食べずにとっておいて、お菓子やパンを作る時に入れてもまだまだ美味しく食べられます。

ポイント3

紅茶はどの種類でも美味しくいただけるのでお好みのものや自宅にあるもので大丈夫ですが、アールグレイ・ウバ・ダージリン・キーマンなどの気品があるものが特にフルーツティーと合うのでおすすめです。
お客様が来た時のおもてなしドリンクにもピッタリです。
実は紅茶以外に、ウーロン茶・グリーンティー・ルイボスティー・ハーブティーなどの色々な茶葉でも美味しいフルーツティーが出来ます。

ポイント4

完成したフルーツティーにもうひと手間加えるとより一層美味しくなります。
お好みでミルクを加えてフルーツミルクティーにしたり、シナモンなどのスパイスを加えてスパイスフルーツティーにするのがおすすめです。
ミルクやシナモン以外にも、オレンジジュース・りんごジュース・パイナップルジュースなどを加えても美味しくなるので、ぜひ色々な組み合わせを楽しんでみて下さい。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー