toggle
2018-04-14

ドライフルーツなつめ その満足できる欲張りな効能とは


なつめはナツメヤシ(デーツ)と混同されることがありますが、ナツメヤシはヤシの仲間で、なつめはクロウメモドキ科の果実です。
漢方の生薬に使われるので、中国や韓国のものと思われがちですが、日本でも飛騨では昔から庭木として馴染みがあり実は甘露煮にして食べられていました。また福島でも盛んに栽培されています。
夏に新芽が出るので「なつめ」というのが由来だとか。

なつめの生の実は、甘味が薄く、りんごのような食感で、噛んでいるうちに口の中に渋さが湧きます。
ところが乾燥させると渋味がなくなります。甘くなり食べやすくなります。

この甘さはデーツの濃さが極々薄くなったような、あっさりした甘さ。
味もまたどこか似ているので混同されやすいのかも。
また干すと甘くなるところは干し柿のようでもあります。

なつめにはどんな効果があるのでしょう。

漢方で大活躍

五行思想(万物は木火土金水の五つの元素から成り立つという思想)の五果(桃 すもも あんず なつめ 栗)の一つとされています。
なつめは土のグループでまた五臓でいうと「脾」になります。

この「脾」は西洋医学で言う脾臓とは異なるので造血器官ではありません。
五行思想でいう「脾」は、身体に必要な栄養素をまず全て取り入れ、それを寄り分けた後、全身の各組織に供給する機能があると考えられています。

その脾胃に関連したなつめは「一日食三棗 終生不老」(一日三粒なつめを食べると老いない)と言われてきました。

漢方では「大棗」(たいそう)という生薬名で、強壮、利尿、矯味(きょうみ:苦い薬物に添加して飲みやすくする)剤として使われ、
いろいろな漢方薬に混ぜて飲み易くしたり、効果をサポートするものとして大活躍しています。

「気」「血」を補う「温」の性質を持っているので、冷えの解消、貧血の改善、免疫力アップに効果があると言われます。

女性に嬉しいこの効能

食品としての栄養をみていくと、鉄分、銅、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維などが多く含まれています。

100g中で1番多いのが。食物繊維。特に不溶性食物繊維はプルーンの2倍以上含まれています。お腹で膨らみ食べ過ぎを抑えてくれるので、ダイエットの味方ですね。

2番目が葉酸。貧血予防や細胞の生成や再生を助け赤血球の生産を助けるこの葉酸があんずの14倍!この葉酸、妊娠中にとても必要な栄養素。いざという時不足しないように、普段から適切に摂取したいですね。

そして、カリウム、銅、パントテン酸となりますが、血圧安定や、むくみの解消に有効なカリウムはデーツの1.5倍あるなど、鉄分、銅など合わせて含有ミネラルは果物の中でもトップクラス。

そして、水溶性ビタミンのパンテント酸。これはほとんどの食品に含まれるものですが、糖質脂質タンパク質の代謝とエネルギーを生み出すのに必要な酵素を助ける役割があります。

さらに、なつめにはオレアミドというオレイン酸アミド化合物が含まれています。
神経の高ぶりを鎮め眠りへ誘う働きをします。

心身の維持に大切な栄養素がたっぷり含まれているなつめはダイエットサポートにも美肌育成にも効果アリ。まさに女性に嬉しい効能がいっぱい!

なつめの美味しい食べ方は

乾燥なつめはそのままカリカリとお茶請けにいただいてもおいしいです。
お隣の韓国では、サムゲタンの上に散らしたり、なつめ茶を飲んだりと 日々の暮らしに溶け込んでいる食材です。

その韓国でお馴染みのなつめのお茶、テチュ茶の作り方をご紹介しましょう。

テチュ茶の作り方
材料  干しなつめ100g 水1.4ℓ
作り方 干しなつめ100と水を鍋に入れ、弱火で2~3時間煮出す
(きょうの料理 2009年8月 金裕美さんのレシピ)

じっくり煮出すことで甘味が引き出されます。
血行を促し体を温めることで冷え性を改善する、神経を落ち着かせる、老化防止、
体力維持向上、肝機能向上、呼吸器の保護 などの効果があるそうです。

韓国にはスティックタイプのインスタントテチュ茶があるそうです。本当に身近な食品なのですね。
日本でもティーバッグのなつめ茶が通販で入手できます。乾燥ナツメも通販で手に入ります。
あっさりしていてしみじみ甘いドライフルーツ、なつめ。
是非味わってみてくださいね。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー