toggle
2018-10-25

ドライフルーツなら一年中楽しめる!桃の効果とアレンジレシピ


甘くてよい香りでみんな大好きな桃ですが、意外と旬の時期は短いものです。ドライフルーツならそんな桃が一年中楽しめます。フレッシュな桃も魅力的ですが、桃のドライフルーツも旨味が凝縮されていておすすめです。桃にはどんな効果があるのでしょうか。

桃ってどんな果物?

桃は中国が原産の果物で中国では3000年以上前から食用として栽培されていたといわれています。日本では縄文時代にすでに種が見つかっていますが、主に食用として最大が始まったのは江戸時代といわれています。明治時代に、中国から新品種がつたわり品種改良を重ねて現在の流通している桃になったといわれています。桃は白鳳系、白桃系、黄金桃系と大きく3つの品種にわかれています。細かい品種は数えきれないほどあり、現在でも新品種が研究されています。

桃のドライフルーツに含まれる栄養素

桃に含まれる食物繊維には整腸作用のあるペクチンが豊富に含まれており便秘改善の効果が期待できます。ペクチンは腸内の有害物質と吸着して便の容積を増やし、腸のぜん動運動を促し体外へ排出します。腸内環境を整える効果もあるため、肌荒れ防止にもつながり美肌効果もあります。また、ペクチンには、糖質や脂肪の吸収を抑える働きがありダイエット効果も期待できます。糖質の吸収が抑えられると血糖値の上昇を抑える効果があり糖尿病の予防にも効果があります。さらには、脂質の吸収も抑えられるので、コレステロール値を下げる効果があり動脈硬化の予防にも効果的です。
桃に含まれるカリウムは体内でナトリウムと一緒に働きます。体内のナトリウム濃度が高くなると身体は濃度を下げようと水分を取り入れようとします。この水分が細胞内にたまるとむくみとして現れ、血管内にたまると血液量の増加により血管に圧力が上がり高血圧の原因となります。カリウムはナトリウムを尿や汗から排出する働きがあるのでむくみの解消や高血圧予防にも効果があります。女性には嬉しい作用として冷え性に良いとされるナイアシンも比較的多く含まれています。また、果皮にはポリフェノールの一種であるカテキン類も含まれています。カテキンには強い抗酸化作用があり、がん予防や活性化酸素の増加を防ぐ事で老化抑制も期待できます。

女性に嬉しい効果も

桃には、マグネシウムや鉄分なども含まれており、貧血、めまい予防や免疫力の向上、体温調節機能の促進効果も期待できます。成分の一つ、ビタミンCには老化防止のはたらきがあり、桃と同じ様にみずみずしく体液を補い、お肌に美しさと潤いを与えてくれます。女性には嬉しい効果もたくさんあり、おいしいだけでないのが桃のドライフルーツです。生の桃だと果皮ごと食べるのは少し抵抗がありますが、皮つきの桃のドライフルーツなら果皮に含まれている栄養素もしっかり取り入れることができます。

桃のドライフルーツのおすすめレシピ

そのまま食べてもとてもおいしい桃のドライフルーツですが紅茶に入れるとピーチティが簡単にできます。炭酸水に入れてもとてもおいしいです。また、クリームチーズに細かく刻んだものを練りこむとパンやワインにとても良く合うおつまみができます。生ハムやサラミなどとも相性が良いのでサンドイッチにするのもおすすめです。普通にドライフルーツを食べるのに飽きたらいろいろなレシピを考えても楽しいと思います。桃のドライフルーツはいろいろな食材と合わせやすいのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー