toggle
2018-11-15

ドライフルーツにおすすめの果物は?


たくさんの種類があるドライフルーツですが、ぐるっと果物を見渡すと向いているものと向いていないものがあるような気がします。基本的には乾かして作るのでできないこともないと思いますが。それではどんな果物がドライフルーツにはおすすめでしょうか。

ドライフルーツにおすすめな果物の条件

ドライフルーツにするには、果物の水分を抜く必要があります。そして乾燥させていく。水分を上手に抜くことができなければ腐ってしまったりカビが生えてしまったりします。砂糖をまぶすと水分は抜けやすいのですが、手作りするなら砂糖抜きでつくりたい気持ちもあります。そんなときは、糖度の高い果物を選ぶのがおすすめです。例えば柿で糖度が高いものをドライフルーツにすると、柿の本来もつ糖分が外側に表れてこなが吹きます。粉が吹くことによって、腐ったりカビが生えにくくなり上手にドライフルーツにすることができます。ある程度、水分があっても果肉がしっかりしていて糖度が高いものがドライフルーツにはおすすめです。

ドライフルーツにおすすめの果物

ドライフルーツにおすすめの果物は、パイナップル、マンゴー、レーズン、キウィ、いちじく、あとはレモンやオレンジなどの柑橘のピール系もおすすめです。生の果物でもよいですが、缶詰などをうまく使うのもおすすめです。

ドライフルーツの作り方

ドライフルーツの作り方は幾通りもありますが、砂糖を使うか使わないか、自然の力で作るか機会を使うかで変わってきます。季節にもよりますが砂糖を使う場合は悪くなりやすいのでオーブンや電子レンジで一気に作るほうがおすすめです。果肉がしっかりしていて、水分もちょうどよく湿気も少ない時期なら、天日で作るのが断然おすすめ。お日様効果でビタミンDも加わりますし、なんといってもざるにのせて干すだけなので手軽です。りんごやオレンジ、レモンなどは天日がおすすめ。少し熟してきた、いちじくやキウィなどはオーブンですると色もきれいなままで出来上がります。

注意!農薬やワックスは必ず落として

ご家庭でドライフルーツを作るときに必ずしてほしいのが農薬やワックスとりです。果物の表面に農薬やワックスがついている場合は必ず取ってください。ドライフルーツにすることによって成分が凝縮されてしまい身体に悪い影響を与える危険性があります。

農薬やワックスの取り方は簡単です。
お湯で茹でる しっかり茹でるというよりはお湯で落とす感覚です。リンゴや、レモンなど比較的皮も実もしっかりしている果物がおすすめです。お湯の中に皮ごといれてゴロゴロと1~2分転がして水にとってからふきます。

重曹で洗う

重曹はアルカリ性の為、ワックスを分離してそぎ落としてくれる効果があります。ボールに重曹を入れてその中に果物を入れて1~3分おきます。その後優しくこすり洗いします。長く入れすぎると栄養素まで流れ出てしまうので入れっぱなしはNGです。重曹は自然界にも存在するので身体にも害はないです。

塩や酢で洗う

あく抜きなどにも使われる塩や酢は残留農薬などの有害物質も一緒に排出してくれる効果があります。レモンやオレンジなどの皮の硬い果物なら塩でもむように表面を洗えば塩の表面のワックスをそぎ落してくれます。

自分でドライフルーツを作るときには、果物がどういう果物か、どのような手段で作るのが一番良いのか、また下準備には何をしたらよいかを考えてチョイスすることをおすすめします。ぜひ好きな種類の果物で、安全でおいしい自家製ドライフルーツを作ってみてください。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー