toggle
2018-11-15

ドライフルーツに含まれる食物繊維のすごい効果


フレッシュなフルーツをドライフルーツにすると栄養素や食物繊維が含まれる量が多くなります。それは、単純に水分が抜けて成分が凝縮されフルーツに対する食物繊維などの栄養素の割合が増えるからなのですが、ドライフルーツに含まれる食物繊維はどんな働きをするのでしょうか。腸内環境を整えるだけじゃない、食物繊維のすごい効果ご紹介したいと思います。

ドライフルーツに含まれる2つの食物繊維とは

ドライフルーツに含まれる食物繊維は二種類あり、菌のエサになる水溶性と腸内の不要物をからめとって便と一緒に排出する不溶性の食物繊維があります。水溶性の食物繊維とは、基本的にはこんぶやわかめなどの海藻に多く含まれている消化に時間のかかる食物繊維の事です。こんにゃくなどにも含まれ、水溶性食物繊維を取り入れることで腹持ちが良くなります。消化に時間がかかるということは、エネルギーの吸収もそれだけおそくなりお腹にたまっている時間が長くなるためそれだけ空腹を感じにくくなります。水を含みやすく、便をやわらかくする働きや腸内の善玉菌を増加させ環境を整える効果があります。また不溶性の食物繊維とはきのこやさつまいもなど野菜に多く含まれる食物繊維で、などで消化されにくいという特徴をもっています。腸まで食物繊維が届き、便のカサをまし、腸を刺激する働きがあります。腸を刺激することで、満福中枢を刺激し過食を防ぎます。
それでは食物繊維が多いとどのような効果があるのでしょうか。

食物繊維のもたらす6つの効果

コレステロールの抑制、スムーズな排便、血圧を下げる効果、大腸がんのリスク低下、糖尿病の予防、少量で満腹感があるのでダイエットにも効果的です。コレステロールの抑制や血圧を下げる働き、糖尿病の予防など、生活習慣病の改善にとても効果があることから、男女とわず、ドライフルーツを摂取することが好ましくこれからの病気の予防にもつながります。その点、手軽で簡単に取り入れることができるので、朝食がわりやおやつ代わりにぜひ、ドライフルーツを取り入れてみてはいかがでしょうか。

食物繊維が豊富なドライフルーツ

あんず(アプリコット)

3粒で1日の食物繊維の半分を補えるといわれています。抗酸化作用の強いβ―カロテンの含有量も多くカリウムなどの他の栄養素も豊富です。

ブルーベリー

目に良いとされるブルーベリーですが実はドライフルーツの中で最も食物繊維が多いといわれています。約ひとつかみ(30粒)で一日の食物繊維の約半分が補えるといわれています。もちろん、目に良いアントシアニンや幸せホルモンを発生させ体内の代謝の促進もはかるマンガンも豊富に含まれています。

いちじく

大き目のものなら、3粒で一日の食物繊維の約半分がとれます。むくみ対策に良いカリウムや抗酸化作用のあるビタミンEなども多く含みます。

柿(干し柿)

ドライフルーツの中でもトップクラスに食物繊維の含有量が多い柿。1個で一日の食物繊維がほぼとれます。むくみをとるカリウムやマンガン、骨にも良いβ―クリプトキサンチンも豊富に含まれています。

プルーン

水溶性食物繊維の含有量はあんず(アプリコット)に次いで2位です。カロリーが控えめでβ―カロテンなども多く含みます。

このように、私たちの身体にとても大切な働きをする食物繊維。ドライフルーツには食物繊維がたっぷりふくまれています。健康のためにドライフルーツを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー