toggle
2016-10-20

ドライフルーツの亜硫酸塩って一体どんな影響があるのか?


ドライフルーツの亜硫酸塩は体に影響するものなのか?

ドライフルーツは最近ではとても人気のある食品として注目を集めていますね。

ドライフルーツの栄養素なども重要ですが、どのような加工がされているかなどを学んでおきましょう。子供に食べさせたいけど少し不安がある・・・などという方はもちろん、注目を集めている食品だからこそ注意をしていきながら取り入れていきましょう。

食品表示の漂白剤とは?

ダイエット食として人気になっているのがドライフルーツ。しかし売られているドライフルーツの裏に書かれている食品表示の中に漂白剤と書かれていて気になっている人も多いかと思います。

漂白剤といえば一般的に、選択や台所や住宅などに使われており、色を取り除き白くするための薬剤と思われています。しかしドライフルーツなどの食品に漂白剤として色をよくするために使われているのです。

漂白剤として使われるのが亜硫酸塩

ドライフルーツに漂白剤として使われるのが亜硫酸塩です。亜硫酸塩は二酸化硫黄、ピロ亜硫酸ナトリウム、亜硫酸Na、次亜硫酸Na,ピロ亜硫酸Kなどがあります。

商品によっては漂白剤(亜硫酸塩)ではなく、漂白剤(亜流酸Na)などのように書かれていることもあります。

なぜ使われているのか?

ドライフルーツに漂白剤が使われるのは少し不思議に思う方も多いかと思います。

しかし、フルーツは乾燥させるとどうしても色が悪くなってしまうのです。そのため綺麗な色にするために漂白剤が使われるのです。

色が悪くても漂白剤が使われないのがいいと思う人もいるかと思いますが、残念ながら色が悪いドライフルーツはなかなか売れないという現実があります。そのためメーカー側は、漂白剤を使用するのです。

人体への影響はあるのか?

亜硫酸塩は、様々な人体への影響が懸念されています。

亜硫酸塩の一種である二酸化硫黄は気体になると亜硫酸ガスになり、工場排煙や火山ガスに含まれる非常に毒性のあるガスです。

また、亜硫酸Naは動物実験でウサギに与えた結果出血が認められたり、神経炎、骨髄萎縮が認められています。また、子供の成長への悪影響が懸念されています。

裏の表示などを確認し亜硫酸が使われているものか確認してから購入していきたいですね。

しかし、ドライフルーツを購入するのはもちろんですが、安全な方法で取り入れることもできますので諦めずに取り入れていきましょう。

手作りで安心!ドライフルーツ!

上記のように亜硫酸塩が売られているもの多くに使われているということで、食べれないと思ってしまう方も多いかもしれません。

しかし、まだ諦めないでください!

ドライフルーツは自宅での手作りが可能なのです。そして、保管期間も約1年持つということで多くの方が手作りをしています。

・天日干し

・オーブン(レンジ)

・ドライフードメーカー

主に上記の3つの方法があります。

作る手順などに不安がある方や簡単に作りたいという方は、ドライフードメーカーを買って手軽に作ってしまいましょう♪

多くのなフルーツの種類の野菜なども作れたり、犬のジャーキーなども作れてしまいます!気軽に取り入れられ、安心して食べれる方法です!

体にいい、健康的な食品を選び日々の食事を安全にしていきましょう。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー