toggle
2017-04-24

ドライフルーツのなつめの健康 ・美容効果と美味しい食べ方


なつめは中華料理や漢方料理の素材としてよく使われる果実。生のものより、ドライフルーツとして使われるのが一般的です。混同されやすいものとして、デーツ(なつめやし)があります。見かけも何となく似ているのですが、植物的に味覚的にもまったく違う果物です。

なつめは漢方の世界で使われていることからも分かるように、健康・美容効果だけでなく、精神安定効果もあると言われています。ドライフルーツのもつ多くの健康・美容効果と美味しい食べ方をご紹介します。

ドライフルーツのなつめは妊娠中の女性にとくにオススメ

鉄分が豊富なドライフルーツとしてはプルーンが有名ですが、なつめのドライフルーツにはなんとプルーンの1.5倍もの鉄分が含まれています。葉酸はレーズンの15倍、プルーンの45倍。ドライフルーツに含まれる葉酸量としては驚異的な量を含んでいます。葉酸は健康維持にはもちろんのこと、妊娠中の女性に特に大事なビタミン。鉄分と葉酸をこれほど豊富に含んでいるなつめは、妊娠中の女性にとって理想的なドライフルーツといえそうです。

ドライフルーツのなつめで冷え性改善・神経緩和

ドライフルーツのなつめには、血の巡りを良くするビタミンPや血液そのものの状態を整えてくれるサポニンという成分が豊富に含まれています。このため、冷え性の改善に役立つほか、筋肉や神経の緊張を緩めてくれる働きがあります。冷え性の方をはじめ、仕事や運動で体が緊張してしまいがちな方などにとって有効です。

ドライフルーツのなつめでストレス対策

ドライフルーツのなつめは、パントテン酸とよばれるビタミンを多く含んでいます。パントテン酸は神経細胞や神経伝達と関わりがある成分で、不足なく摂取することで精神安定やストレス緩和対策につながります。つまりドライフルーツのなつめは体だけでなく、心の健康維持にも欠かせない成分を含んでいるということです。

パントテン酸はとくにアルコールやカフェイン摂取量が多いときに不足がちになる成分だそうです。普段の食生活にドライフルーツのなつめを取り入れて、心身健康を心がけたいものですね。

ドライフルーツのなつめの美味しい食べ方

ドライフルーツのなつめは、レーズンやプルーンなどに比べるとあまり馴染みがないドライフルーツかもしれません。どうやって食べていいか分からないという方も多いはずです。基本的にはほかのドライフルーツと同じように、そのまま食べたり、ヨーグルトに入れたりして美味しく食べれます。またはお湯でもどしてやわらかくしたものをフードプロセッサーやミキサーでペースト状にするのもおすすめです。甘さを加えたければハチミツなどを加えます。このペーストをジャムの感覚でパンに塗ったり、お湯や紅茶で割って飲んだりすると、毎日少しづつドライフルーツのなつめを食べることができます。

ドライフルーツのなつめをお茶にする

ドライフルーツのなつめ適量を熱湯に入れ弱火でコトコト煮ると、ほんのり甘酸っぱい美味しいなつめ茶ができあがります。なつめの栄養成分がたっぷり溶け出したお茶は、飲むと体がぽかぽか温まり、疲れた心身を癒す効果があります。相性の良い生姜を加えれば、さらに体温め効果がアップ。ハチミツや黒砂糖で甘みをつけてもいいでしょう。甘いものが欲しくなったときなどに飲めば、甘いものへの衝動を抑えると同時に、豊富なビタミンやミネラルを吸収することができ、心身安定が期待できます。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー