toggle
2017-04-24

ドライフルーツのクランベリーの健康美容効果とおいしい食べ方


日本ではどちらかというとブルーベリーのほうが有名ですが、クランベリーはアメリカではとても身近な果物です。クランベリージュースはオレンジジュースと同じくらいよく飲まれていますし、肉料理のソースなどにもクランベリーソースが添えらたりします。それもそのはず、クランベリーは北米産の果物。そして昔から優れた健康効果で知られ、薬代わりとして大切にされてきました。そんなクランベリーの健康効果と美味しい食べ方をご紹介します。

ドライフルーツのクランベリーでアンチエイジング

まず最初に注目すべきは、クランベリーのもつ強力な抗酸化力。ビタミンCも抗酸化作用が高い成分として知られていますが、クランベリーの主要成分であるプロアントシアニジンはなんとビタミンCの20倍の抗酸化力をもっています。健康増進効果だけでなく、アンチエイジング対策としても、クランベリーのもつ抗酸化力は見逃せません。

ドライフルーツのクランベリーでむくみ対策

むくみに悩んでいる女性は多いですね。慢性的な悩みでなくても、仕事で疲れたり、食生活のバランスが崩れたり、お酒を飲んだ翌日などに、一時的にむくみが出ることもあります。クランベリーにはむくみ対策として有効な成分が含まれいるので、ぜひ試してみる価値がありそうです。常備しておいて、定期的に食べるようにしておけばむくみ予防効果になります。

クランベリーは膀胱炎対策にも効果抜群

アメリカやヨーロッパでは膀胱炎や尿路感染症の治療に、クランベリーが使われます。薬局にいけば、膀胱炎用のクランベリーの粉末剤がふつうに手に入るのだとか。もちろんドライフルーツのクランベリーにも、膀胱炎予防効果が期待できます。ドライフルーツのクランベリーをおいしく食べて、体に抗菌力をつけることができたらいいですね。

ドライフルーツのクランベリーのおいしい食べ方

クランベリーは生のままだとかなりの酸味がある果物です。ドライフルーツになるとその酸味が独特の甘酸っぱさを醸し出し、とても美味しくなります。レーズンなどほかのドライフルーツが甘すぎて苦手というな方でも、クランベリーのドライフルーツなら大丈夫なはずです。また甘いドライフルーツ数種類とクランベリーをミックスして使えば、甘さと酸っぱさのバランスがよくなり、おいしく食べることができます。

ドライフルーツのクランベリーをお菓子につかう食べ方

甘酸っぱいクランベリーは、いろいろなお菓子に入れて楽しむことができます。美味しいだけでなく、赤い色がキレイに目立つところもお菓子に使いたくなるポイントです。マフィンやパウンドケーキなどをはじめ、いろいろな焼き菓子に使えます。おすすめはホワイトチョコレートとの組み合わせ。ホワイトチョコレートのミルキーな甘さとクランベリーの甘酸っぱさがお互いを引き立てます。そのほかにも、チーズケーキのアクセントとしてもおすすめ。チーズの白にクランベリーの赤がひきたって、見た目もきれいなケーキに仕上がります。

朝食にドライフルーツのクランベリーを取り入れる食べ方

朝にドライフルーツを食べると、一日を元気にスタートできます。クランベリーなら抗酸化力を体にチャージできるので、とても健康的。ヨーグルトに入れて食べるのが、定番の食べ方です。ひと手間をかけて、ドライフルーツのヨーグルト漬けにしておくのも美味しいです。またはコーンフレークに混ぜたり、自家製のグラノーラを作るのもいいですね。やわらかくしたバターにクランベリーを混ぜて再び冷やし固めたクランベリー・バターも目先が変わって楽しめます。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー