toggle
2017-05-11

ドライフルーツのココナッツの栄養素と美味しい食べ方3選


巷で大人気のココナッツのドライフルーツ、別名ココナッツチップス。ココナッツオイルの健康効果が話題になったことで、ココナッツチップスの人気もどんどん高まっています。

ココナッツチップスはココナッツオイルのように栄養素的にも優れているのでしょうか?どんな食べ方が人気なのでしょうか?ドライフルーツのココナッツの健康効果やおすすめの食べ方をご紹介していきます。

ココナッツチップスは高カロリー

市販されているココナッツチップスのほとんどが一袋40g入り。大さじ3杯程度なので、少量です。でもそれにはちゃんと理由があります。それはココナッツチップスがとても高カロリーということ。驚くべきことに40gで約240kcalもあります。もしこれが100g入りだったら、1袋食べただけであっさりと600kcalも摂取してしまうことになってしまいます。40g入りは1回に食べきる量として適正量になっているということです。

コナッツチップスに含まれる栄養素は?

ドライフルーツのココナッツには脂質が多く含まれています。脂質というと太るというイメージがありますが、ココナッツに含まれる脂質は体に良い脂質で、体内に脂肪として溜め込まれることはありません。そのほか、便秘解消に役立つ食物繊維や造血、貧血予防に効果的な鉄分を含んでいます。

ココナッツチップスをお菓子やアイスクリームのトッピングに使う食べ方

ココナッツチップスは、サクサクした食感が美味しさの特徴。そのまま食べても美味しいのですが、トッピングとして使うほうが少量でも美味しさを堪能できます。アイスクリーム、パンケーキ、カップケーキなど。ちょっとしたお菓子などの上に少し添えるだけで、ココナッツの香りがふんわり漂うオシャレなデザートの完成です。

一番簡単でオススメの食べ方は、アイスクリームのトッピングとして使う食べ方。アイスクリームのフレーバーは何でもかまいません。バニラ、チョコレート、ストロベリー、抹茶。どんな味のアイスクリームにもココナッツの風味はなぜかよく合います。ココナッツチップスをぱらぱらとふりかけると、アイスクリームのクリーミーな味わいとココナッツのサクサク感があいまって美味しいです。

ココナッツチップスのチョコフレークの作り方

ココナッツとチョコレートがとても相性が良いのは知られていますね。そこで、電子レンジで簡単に作れる簡単フレークをご紹介します。電子レンジでチョコを溶かした中にココナッツチップスを入れて混ぜ合わせると、サクサクの美味しいチョコフレークの出来上がりです。チョコレートは、ブラックチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコ、お好みのタイプでどうぞ。

材料(作りやすい分量)

チョコレート 板チョコ2枚 120g

ココナッツチップス 160g

作り方

  1. チョコを粗く刻んだものを耐熱ボウルに入れ、電子レンジで3分ほど加熱して溶かす。
  2. ゴムべらで軽く混ぜてきれいに混ぜ溶かす。ココナッツチップスを加え、チョコが全体にからむように混ぜ合わせる。
  3. オーブンペーパーの上に、スプーンで山型にすくって並べる。
  4. そのまま冷めて固まらせる。

ココナッツチップスをグラノーラに入れる食べ方

大人気のグラノーラ。香ばしいナッツ、甘いドライフルーツ、いろんな味が口いっぱいに広がります。市販のグラノーラにココナッツチップスを加えると、今までの味とは少し違う南国風味のグラノーラが出来上がります。そのままつまむのはもちろん、牛乳やヨーグルトにかけて食べるのが定番の食べ方です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー