toggle
2018-04-19

ドライフルーツのサンザシは酸っぱい!! だから良く効く!!この効果


サンザシをご存知ですか?中国北部原産のバラ科の植物です。バラの実に似た真っ赤な果実を実らせます。
カルディや成城石井など、バラエティ溢れる輸入食品を扱うお店が増えてきたので、
おなじみになりつつあるかもしれませんね。
中国ではお茶請けにおやつとして普段から食べられています。

このサンザシ、りんご酢をダイレクトに飲んだ時の、舌の付け根をギュッとつかまれたような強い酸味が特徴です。

このため中国でよく食べられているものは、サンザシを煮詰め砂糖を加えたものです。
成形しやすいように砂糖煮にしたサンザシに寒天も加え、平らに伸ばし、
1個がマッチ棒を4本四角に重ねたほどの大きさと長さになるような拍子切りにして乾燥させたものが、袋に沢山入っている状態で売られていたり、円柱状に成形後、それを10円玉ほどにスライスした状態の山査子餅として売られています。

ところが、ここまで加工してもサンザシの酸味はこれでもかというほど生きています。
この酸味、身体に効きそう!
ということで、さんざしの効果についてみていきましょう。

クエン酸たっぷり!

サンザシには梅干にも多く含まれるクエン酸がたっぷり。
酸っぱさのもとはこれですね。

クエン酸は運動後に筋肉中に増え筋肉痛の原因にもなる乳酸の生成を抑える働きがあります。だから疲労回復によいのです。

また運動の持久力をアップしエネルギー代謝を促すので、
脂肪燃焼効果も期待できます。

また、クエン酸にはミネラルの吸収を促進するキレート作用があります。

サンザシには、カルシウムや鉄分などのミネラルも非常に多く含まれるので、
キレート作用プラスで大事なミネラルを効果的に身体に取り込みやすいですね。

カテキンたっぷり!

特出して多く含まれているのがカテキンです。
このカテキンポリフェノールはサンザシ100gの中になんと同僚の赤ワインの2倍!
驚く程の量です。

カテキンポリフェノールには血圧上昇抑制効果、血中コルステロール調整作用、
血糖値調整作用が揃ってスムーズな血流循環を助けてくれますし、
抗アレルギー作用といった身体に嬉しい作用が豊富です。

また高い抗酸化作用があるので、細胞を若々しく保ちアンチエイジング効果も期待できます。

どんなふうに食べる?

身体にイイコトが沢山のサンザシですが、どのように取り入れたらいいでしょうか。

手軽な方法は、先に挙げた中国のおやつです。輸入食品が置いてあるお店で手に入ります。また通販でも入手できます。

果実としてのサンザシをそのまま取り入れたいならサンザシジュースがオススメです。

サンザシジュースの作り方

サンザシ10粒 氷砂糖30g 水500cc
を小鍋に入れて火にかけ沸騰したら20分煮出して火を止める。
冷めたら煮汁を漉して出来上がり。

サンザシのポリフェノールの色が煮出されてキレイな赤いジュースが出来ます。
氷砂糖の甘味もほどよくサンザシの酸味を引き立てます。
疲れた時にホッとする、甘酸っぱさです。

サンザシ酒もいかがでしょう。

サンザシ酒の作り方

さんざし200gホワイトリカー1.8l 氷砂糖100g
を清潔な瓶に入れ3ヶ月ほど寝かせたら出来上がり。

氷砂糖はお酒のコクを出すこと、熟成を助けること、飲む人の悪酔いを防ぐ働きがあります。

サンザシを上手に取り入れていってくださいね。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー