toggle
2017-04-24

ドライフルーツのパイナップルの健康美容効果とおいしい食べ方


ドライフルーツのパイナップルは、他のドライフルーツに比べると新しいドライフルーツ。まだ食べたことがないという人も多いかと思われます。生のパイナップルに比べた場合の味の違い、栄養価値と健康美容効果、おすすめの食べ方などをご紹介します。

ドライフルーツのパイナップルと生のパイナップルの味の違い

生のパイナップルには甘みと同時に、舌をチクチクと刺激するような味わいがあり、これのせいでパイナップルが苦手という人もいます。パイナップルにたくん含まれている酵素と関係があります。ドライフルーツにすると酵素の力が弱まるため、チクチクする味が消えて甘酸っぱさが強く感じられます。生のパイナップルが好きでない人にとっても、ドライパイナップならば食べやすく感じられるはずです。

ドライフルーツのパイナップルはスポーツ後などに最適

生のパイナップルにはたくさんのビタミンCが含まれているの対し、ドライフルーツのビパイナップルにビタミンCはほとんど入っていません。その代わり、クエン酸が豊富に含まれています。クエン酸には、疲労回復という健康効果があります。仕事やスポーツで体が疲れているとき、筋肉疲労したときなどに取ると効果的です。

ドライフルーツのパイナップルで新陳代謝アップ

ドライフルーツのパイナップルにたくさん含まれるクエン酸には、新陳代謝をよくする効果があります。新陳代謝の良さは、健康・美容の基本。血の巡りがよくなることによって、血圧安定、体温アップにもつながるので、冷え性の改善になります。また新陳代謝が向上することにより、太りにくくなるというメリットもあります。

ドライフルーツのパイナップルには食物繊維が豊富

ドライフルーツの中でも、パイナップルには特にたくさんの食物繊維が含まれています。便秘で悩んでいる方はもちろんのこと、むくみ予防やデトックス効果を期待している人にも最適なドライフルーツといえます。

ドライフルーツのパイナップルのもつ脂肪燃焼効果とは?

ドライフルーツのパイナップルにはプロメラインという成分が豊富に含まれています。プロメラインは脂肪燃焼効果が高い成分として、最近とくに注目を集めている成分です。たとえば脂肪分の高い料理を食べた後などにドライフルーツのパイナップルを食べれば、脂肪燃焼効果が期待できそうです。

南国系の果物同士を組み合わせる食べ方

ご存知の通り、パイナップルは南国系の果物です。原産国は、タイ、フィリピン、ブラジルなど。日本では沖縄の石垣島で栽培されています。南国系のフルーツは、南国系フルーツ同士で組み合わせると、いろいろな美味しさがミックスされてさらに美味しくなります。ドライフルーツのパイナップルとマンゴー、パイナップルとココナッツを組み合わせるのがおすすめ。色も南国らしいビタミンカラーで、見ただけでも元気になりそうです。

ドライフルーツのパイナップルのヨーグルト漬け

おいしくて人気のドライフルーツのヨーグルト漬け、もちろんパイナップルでもとても美味しくできます。生のパイナップルが苦手な人こそ、ぜひトライしてみる価値がありそうです。ドライフルーツのパイナップルはもともと少し固めの食感ですが、ヨーグルトに漬けることによって適度にやわらかく戻り、ヨーグルトにもパイナップルの風味がうつって爽やかな美味しさになります。食後のデザートとして食べれば、ドライフルーツのパイナップルのもつ脂肪燃焼効果や消化促進効果が期待できます。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー