toggle
2018-02-05

ドライフルーツの作り方を学んでみよう!


ドライフルーツを自分で作るメリット

ドライフルーツはコンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売されている簡単に手に入るおやつです。ドライフルーツを購入するのもいいのですが、自宅でオリジナルのドライフルーツを作ってみましょう。自分で作るドライフルーツは、防腐剤や添加物を入れることがありませんので、安心して食べることができますし、果物が元々持つ美味しさを堪能することが可能です。

また、自分でドライフルーツを作ることで自分が食べたいと思う分量を計算して作ることが可能です。

天日干しでドライフルーツを作ってみよう!

ドライフルーツの作り方として王道なのが、天日干しで作る方法です。天日干しは、自然の光に当ながら自然乾燥させるため、電気量を消費することがありません。そのため、環境に優しくしながらドライフルーツを作ることができるでしょう。

天日干しをする前に、果物の皮をむき、すじを除去しておくことが大切です。その後、包丁で5mmほどの太さにカットしたら下準備完了です。後は竹ざるなど果物を乗せる容器を用意し、果物を乗せましょう。その際、果物が変色してしまわないようにレモンを絞った汁を果物に塗っておきましょう。

後はそのまま天日干しをするだけなのですが、美味しく作るために、夜や天候に恵まれない日は室内に入れておきましょう。果物の表面が乾いたと感じた時は、果物を裏返し、数回繰り返して水分が全て抜けたらドライフルーツの感性です。

オーブントースターを活用したドライフルーツの作り方

ドライフルーツを天日干しで作ることができるのですが、時間が無くてすぐに作りたいと考えている人もいるでしょう。短時間でドライフルーツを作りたいのであれば、オーブンを使うことが大切です。オーブンであれば天候に左右されませんし、自宅を開けることが多い人にとって安心して作ることができるので大きなメリットがあります。

下準備として、カットした果物をキッチンペーパーでよく拭いて水分をある程度取り除いておくことが大切です。次はオーブンの準備です。オーブン用の鉄板にクッキングシートを敷き詰め、120℃に余熱をしておきます。余熱が終わったら、シートの上にカットした果物を並べましょう。オーブンの中は高温状態ですので、やけどをしないように注意しましょう。120℃に熱されたオーブンで120分を目安に焼くことが大切です。自分好みの固さに調整したい人は、温度や時間を微調整する必要があります。

ドライフルーツの作り方はとても簡単!

ドライフルーツを店舗で購入する人は多いのですが、添加物が気になる方は家で無添加のドライフルーツを作ってみましょう!作り方は簡単ですし、細かい作業が要りませんので誰でもすぐ作ることが可能です。天日干しやオーブンを活用した作り方など作り方はいくつかありますので、自分がやりやすい方法でドライフルーツを作ることが重要です。

果物の他に必要となる材料はほとんどありませんので、材料費を気にすること無く気軽に調理することが可能です。マンゴーやイチゴ、バナナなどの果物を準備して自分の好きなドライフルーツを作ってみましょう!購入するドライフルーツとは異なる果物本来の味を楽しむことができます!

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー