toggle
2016-10-28

ドライフルーツの栄養成分を詳しく知りたい!食べたくなる栄養満点の成分とは?


美容と健康にもいいドライフルーツの栄養成分を知ろう

ドライフルーツが最近注目を集めている理由。それは豊富な栄養成分にありました。

ダイエット、体調改善、予防など沢山の効能もあります。フルーツによって様々な効果や栄養成分がありますので詳しく見ていきましょう。

ドライフルーツが体が良い理由

水分が抜けてビタミン類は少なくなる場合が多いですが、抗酸化作用のt会フォトケミカルズのポリフェノールや食物繊維にミネラルと美容と健康に欠かせない成分が凝縮されています。

生のフルーツとは反対に血行促進して身体を温める作用があります。

そしてドライフルーツは皮ごと食べれるのも特徴の一つです。皮に葉食物繊維が多く含まれ、またその色素には食物が太陽の紫外線などから身を守るために自ら作り出した抗酸化物質も含まれているため、活性酸素に対抗して身体をまもる役割をしています。

フルーツ別栄養成分・効能

マンゴー

美肌・生活習慣病予防

マンゴーはビタミンAが特に多く含まれ、抗酸化作用が期待できます。また、ミネラルや食物繊維も豊富。ビタミンAには活性酸素から体を守る働きがあります。活性酸素はガンは動脈硬化を引き起こす作用があるとも言われているため、活性酸素から身を守ることが生活習慣病予防の大きなポイントになります。

イチゴ

風邪予防・美肌効果・貧血予防

ドライイチゴには食物繊維、ペクチン、クエン酸、リンゴ酸が豊富です。また、カリウムとナトリウムをバランスよく含んでいます。

レモンをはるかに上回る量のビタミンCが含まれています。中程度の大きさのイチゴを7~8粒食べれば一日のビタミンCの必要量を十分取れます。

ビタミンCは美容に非常に効果が高いためコラーゲンの生成の作用を助け皮膚を丈夫にするため美容効果に高い効果を発揮します。

キウイフルーツ

高血圧予防・美容効果・脳梗塞予防

キウイフルーツはビタミンCや食物繊維ペクチンを豊富に含み、低カロリーでアクチニジンというたんぱく質分解酵素やポリフェノールを含むことから昔から美容・健康に良い果物の一つとして知られています。また、調整作用にもいいと言われています。

リンゴ

整腸作用・アレルギー予防・便秘改善

ミネラルのカリウムやペクチンやセルロースなどの食物繊維が非常に豊富です。

食物繊維は水分を含むとゼリーのように固まり、消化吸収されずに体外に排出されます。また、食物繊維は腸内の乳酸菌の増殖を促進するので胃の働きを正常に戻してくれます。カリウムは血圧を下げる働きがあり、ナトリウムの排出を促進します。

ブルーベリー

冷え性・美肌・視力回復

ワイルドブルーベリー(野生種のブルーベリー・ビルベリー)には目の健康に効果が期待できるファイトケミカル、アントシアニンが豊富に含まれています。

ブルーベリーに多く含まれているビタミンEは血液の循環を良くしてサラサラにする働きがあり高血圧予防や動脈硬化予防に効果があるとされています。

アプリコット

貧血予防・美白・疲労回復

干した杏のアプリコットは生の杏の約8倍もの鉄分が含まれています。積極的に食べたいフルーツの一つです。

杏の果肉に含まれるβカロテンは他の果物よりも非常に多く含まれ、抗酸化作用があると言われるビタミンAに変換されることから、エイジングケアに良いと言われています。

気軽に栄養が摂れる

いかがでしたか?野菜などの食事で栄養を摂ろうとしても難しいかもしれませんが、ドライフルーツなら簡単にそのまま食べることができます。気になるフルーツから食べてみましょう♪

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー