toggle
2018-02-05

ドライフルーツをお酒に漬けてみよう!


ドライフルーツをお酒に漬ける前にするべき下準備

ドライフルーツをお酒に漬けるのであれば、事前にするべき準備をきちんと理解しておく必要があります。ドライフルーツをお酒に漬ける時は、ドライフルーツと洋酒、しっかりと密閉可能な熱に強いガラスの瓶を準備しておきましょう。

材料を準備したら、お腹を壊してしまわないよう、ドライフルーツと洋酒を入れる瓶を熱湯もしくはアルコールで除菌しておく必要があります。また、ドライフルーツをしっかりと漬けられるよう、形の大きなドライフルーツは包丁で予めカットしておきましょう。

使用するドライフルーツの表面が油脂で包まれている時は、ドライフルーツをザルの中に入れ、上から熱湯をかけた後に水切りを行いましょう。その後、冷ましましょう。この際、いい加減に冷ましてしまうとカビが発生する危険性がありますので、面倒だからと適当に冷まさないようにしましょう。

また、天日干しを行ってキッチンペーパーで拭き取るなどしてしっかりと乾燥させることも大切です。これらの作業によって、ドライフルーツをお酒に漬ける際、油が浮くことはありませんし、しっかりと洋酒に漬かるので美味しいドライフルーツを作るためには欠かせない作業です。

正しい作り方を学ぶことが大切!

美味しくお酒に漬かったドライフルーツを作りたいのであれば、正しい作り方を把握しておく必要があります。最初に体熱瓶の中にドライフルーツを入れるのですが、入れる量は瓶の6分目を目安に入れなければいけません。一度に多く作りたいからと6分目を超えて入れてしまうと、洋酒にきちんと漬けることができなくなり、失敗してしまう危険性があります。

ドライフルーツを入れたら、ドライフルーツが隠れる分量まで洋酒を注ぎ、しっかりと蓋をしてから冷蔵庫に入れて保管しましょう。冷蔵庫に入れ後は、毎日状態を確認し、洋酒よりもドライフルーツの方が多いと感じたら、その都度洋酒を注ぎましょう。洋酒よりもドライフルーツの量が多い状態で放置してしまうと、カビが発生してしまう危険性があります。

冷蔵庫に入れて1ヵ月程経過するとお酒に馴染み、長期間漬けておくことでより美味しくなるのでオススメです!

アルコールが気になる方は微調整を!

ドライフルーツを洋酒で漬けた後に食べる人の中には、アルコールの濃度が気になるという人もいるでしょう。自分好みの味付けにしたい方は、フルーツに漬ける前にお酒を火で温め、アルコール成分を飛ばすことが大切です。また、ドライフルーツを熱湯に入れて30分間茹でて戻した後に水分を拭いてからアルコールを飛ばしたお酒に入れることでよりお酒が浸透しにくくなりますので、気になる方は試してみましょう。

美味しくお酒に漬かったドライフルーツを作るために

ドライフルーツを洋酒に漬けて美味しく食べたいと思う人はたくさんいます。しかしながら、正しい調理方法や冷蔵庫に入れて保管する際の注意点を理解しないまま作ってしまうと失敗してしまう危険性があります。せっかくお金をかけて材料を準備しても、失敗してしまっては後で後悔してしまうことになります。お酒に漬かったドライフルーツ作りを成功させるためにも、正しいやり方を理解して実行することが大切です。

 

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー