toggle
2017-07-27

ドライフルーツを使ったおすすめの焼き菓子5選


比較的シンプルな焼き菓子も、ドライフルーツを加えることにより、簡単にオシャレな焼き菓子へと変わります。
通常の焼き菓子のレシピにドライフルーツを適量加えるだけで良いので、誰でも簡単にオリジナルの焼き菓子を作ることが出来ます。
ドライフルーツを加えることにより、見た目もカラフルになるので、プレゼントしても喜ばれること間違いないでしょう。
色々な焼き菓子がありますが、中でもドライフルーツが合う、おすすめの焼き菓子5選を紹介していきます。

クッキー

ドライフルーツが1番合うのはなんといってもまず、クッキーではないでしょうか。
クッキーと言っても、アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・型抜きクッキー・スノーボールクッキーなど様々な種類があり、どの種類のクッキーでもドライフルーツが合います。
混ぜ込んでも良いですし、焼く前にクッキー生地の上に乗せたり、焼き上がったクッキーの上にチョコレートを塗って、ドライフルーツを乗せて固めるという方法もあります。
また、ドライフルーツと一緒にナッツを加えると、違った食感が楽しめてより一層美味しくなるのでおすすめです。

スコーン

小麦粉・ベーキングパウダー・牛乳・バター・砂糖などを混ぜ合わせ、好みの形に成型してオーブンで焼くだけで作れるスコーン。
日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、イギリスではアフタヌーンティーには欠かせない存在です。
型がなくても作れますし、シンプルなのでドライフルーツとの相性も抜群です。
甘みが少ないので甘いのが好きな方は、一緒にチョコチップを入れたり、食べる時にジャムと一緒に食べるのがおすすめです。
簡単に作れますし、ドライフルーツは栄養価も高いので、朝食などにも最適です。

ビスコッティ

ビスコッティは、オーブンで焼いたものを、一度取り出してあら熱を取った後、一口サイズに切って、再度オーブンで焼いて作ります。
型は一切必要ないので少ない道具で手軽に作ることが出来ます。
二度焼くため、水分がほとんどなくなり、固いのが特徴で、とても日持ちします。
とても固いのでコーヒーなどに浸して食べるのが一般的です。
シンプルなのでドライフルーツやナッツと相性が良く、たっぷりドライフルーツを入れると美味しいのでおすすめです。

マフィン

小麦粉に卵・牛乳・ベーキングパウダーなどを加えて混ぜ、カップ型に入れて焼いたものです。
どんなドライフルーツとも相性が良く、ドライフルーツをそのまま加えても美味しいですし、ドライフルーツをお好みの洋酒で漬け込んだ、ドライフルーツの洋酒漬けを加えても美味しいです。
アイシングやチョコレートをかけたり、表面にアップリコットジャムなどを塗ってドライフルーツを飾れば、見た目も華やかになりプレゼントにもピッタリです。

ブラウニー

ブラウニーはアメリカ発祥のココアを使用した焼き菓子です。
四角い型に入れて焼き、一口サイズの正方形やスティック状にカットします。
レシピによってクッキーのようなサクサクしたものから、パウンドケーキのようなしっとりしたものまであります。
どちらもドライフルーツやナッツと相性が良く、比較的簡単に作ることが出来るので、バレンタインデーやホワイトデーなどにもおすすめです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー