toggle
2018-05-08

ドライフルーツを朝食に!美味しく健康なスタートを!


ドライフルーツは手軽で美味しく、身体に必要な栄養素もいっぱいです。
積極的に朝食や休日のブランチに取り込んでいきたいですね。

漬け込みで便利に

漬け込みは作り置きが出来るのでで便利です。

フルーツヨーグルト
材料 ヨーグルト400~500gのパック1個
好きなドライフルーツをいろいろ取り混ぜカップ2/3量程度
作り方
1.好みのドライフルーツいろいろは、大きいものは刻み、大体の大きさを揃える。
2.ヨーグルトパックにミックスフルーツを入れて1日置いて出来上がり。

2日目くらいからヨーグルトの水分が少なくなりギリシャヨーグルトのように濃厚に。
パイナップルやマンゴーなどの大きさのあるものをそのまま漬け込むと、ふっくら戻り美味しいデザートになります。

酢ブドウ
材料 レーズン100g 食酢50cc はちみつ大さじ2杯
作り方
1.酢とはちみつは耐熱容器にいれ 1分加熱。
2.1の中にレーズンを入れ全体に酢が回るよう混ぜる。1日以上置いたら食べられる。

1日大さじ1杯食べるだけで食物繊維と鉄分、カルシウムの補給に高い効果があると話題の健康食です。
そのまま食べてもいいし、ニンジンサラダに混ぜたり、レタスオンリーのサラダに刻んだナッツと一緒にトッピングしても美味しいですよ。

主食に取り入れて

パンやスコーンに混ぜ込んで作るのも目先が変わって美味しくいただけます。

ウェルシュ・ケーキは簡単で美味しく、フライパンだけで出来るウェールズのママの味。ご紹介するのは30年前の「装苑」に掲載された堀井和子さんのレシピです。
ウェルシュ・ケーキ
材料(約15個分) 薄力粉225g ベーキングパウダー小さじ1/2 
   砂糖大さじ1と1/2 バター50g ショートニング50g 卵1個 
   レーズン大さじ4 牛乳適宜

作り方
1.薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるいにかけ、砂糖も混ぜておく。
2.バター、ショートニングを1のボールに入れ、手で粉を平たく潰すようにしながら
  混ぜ合わせる。全体が均一にサラサラになってきたら、卵とレーズンを加える。
  耳たぶくらいの柔らかさになるように牛乳も少し加え混ぜてまとめる。
3.打粉をふるか、クッキングシートを敷いた台の上に生地を移し麺棒で1~1.5cmの
  厚さに伸ばしていく。コップを利用し、コップの口で円に型抜きしていく。
4.厚手のフライパンを弱火にかけ3の生地を並べる。片面3,4分づつ焼く。

薄いキツネ色になり中まで火が通り、乾きすぎないように焼いたら出来上がり。
さっくりした表面生地だけど中はしっとり。レーズンが美味しくいただけます。

アイルランドのソーダパン
材料 薄力粉3カップ ヨーグルト1カップ 重曹小さじ1 レーズンなど
   ドライフルーツ1/2カップ 刻んだクルミ1/2カップ

作り方
1.ボールに振るった薄力粉を入れ重曹を混ぜヨーグルトも入れて混ぜ、レーズン、
  クルミもすべて混ぜる。
2.生地をひとまとめにしたら、天板に載せ190℃のオーブンで35分焼く。焼き上がり
  余熱がとれたら出来上がり。

スライスして食べます。焼きたてより1日置いたほうが味がなじみます。トーストしてバターを塗っても美味しい!

こんな献立・・・

1.ウェルシュ・ケーキ ナッツと酢ブドウのサラダ スクランブルエッグに
  ボイルしたウィンナーソーセージ ミックスフルーツヨーグルトのデザート
  コーヒーまたは紅茶
2.アイルランドのソーダパン ベーコンエッグ 酢ブドウの入った人参サラダ 
  フルーツヨーグルトを撹拌してヨーグルトドリンクに。
3.フレンチトーストのトッピングスプレッドとしてフルーツヨーグルトをかけ 
  コーヒーや紅茶とともに

こんなふうにして美味しい朝食の出来上がり。おためし下さい。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー