toggle
2018-04-07

ドライフルーツ・パラダイス台湾の話題の水果茶とは


連休はどこかにおでかけですか?今年はどちらへ?台湾?いいですね。
九份の夕暮れから夜景までを堪能して「千と千尋の神隠し」ごっこでもしてみますか。それとも国立故宮博物院で有名な国宝、翡翠で出来た白菜の置物や東坡肉の置物を見に行きますか。
台湾は見るものもたくさんありますが、美味しいものもたくさんです。そしてドライフルーツの宝庫でもあります。台湾のドライフルーツはどんなものがあるでしょうか。

豊富な種類と美味しさで大満足 台湾のドライフルーツ

台湾は日本でもお馴染みの果物から、南方で生息する珍しい果物まで栽培されていて一年中豊富な果物が手に入ります。
マンゴーひとつとっても何十種類もの品種が作られています。その豊富な果物から作られたドライフルーツ。無添加無着色で美味しいと評判です。
台湾で定番のフルーツといえば夏はマンゴーで冬ならイチゴ。冬の台湾ではたっぷりイチゴのかき氷がおなじみでイチゴは台湾の冬を代表するフルーツです。
そのイチゴをそのままドライフルーツにした「台湾草苺乾」が美味しいです。マンゴーは「台湾凱特芒果乾」や「台湾愛文芒果乾」が人気だとか。
またマンゴーやイチゴの他にも、キウイ、パイナップル、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、ぶどう、キンカンや梅、レイシー、なつめ、龍眼(ロンガン)など日本では手に入りにくいものも手頃なお値段で売られています。
台湾でドライフルーツを買うなら誰もがおすすめの台北の迪化街(ディーホアジエ)。ここは観光客に人気の問屋街です。昔からある懐かしい雰囲気の問屋街で、乾物や茶葉、漢方薬などの専門店がたくさん立ち並んでいます。
お店によりドライフルーツを何種類も試食して気に入った品を選べるのも嬉しいところです。台湾を訪れるときは是非足を運んでください。

ドライフルーツでいただく台湾水果茶とは

台湾にはいろいろな美味しいものがあります。是非味わっていていただきたいのが「水果茶」。これは台湾のフルーツティーです。でも日本で知られているフルーツフレーバーの紅茶とは違います。
茶葉と一緒にポットに入っているのは細かく切ったドライフルーツ。お店によってドライフルーツの種類も配合も、使う茶葉も違っていて、このフレーバーを味わいたければこれがベスト、と考え抜かれたブレンドになっています。
ドライフルーツの香りと味が溶け出してほんのりとした甘さが美味しい紅茶。時間をかけてゆっくりと味わいます。
そして飲み切ったあとはカップの底に残っている、紅茶を吸ってふっくらしたドライフルーツをいただきます。最後までしっかり美味しいフルーツティー。いかがですか?

お土産に ご家庭で手軽に

台湾で人気の水果茶は、ドライフルーツ+茶葉 なので、お土産にも最適です。
探してみるとドライフルーツ以外にも食用のドライフラワーが入っていたり、一緒に氷砂糖が入っているものなど種類も豊富。
食用菊の入ったものなどはお湯を注ぐとふんわりと徐々に花びらが開いて色とりどりのドライフルーツとともに目にも楽しい飲み物になります。氷砂糖は取り除くこともでき、甘さ加減を好みで調節できます。だから甘すぎるのが苦手な方にも大丈夫。
またうっとりするような香りが素敵なバラの花をブレンドしたものもあります。台湾に行ったら是非どうぞ。「元大商行」というお店で手に入ります。
水果茶はドライ製品なので、通販でも手に入ります。通販なら台湾に出かけなくても美味しいドライフルーツティーが頂けて幸せ。こちらについてはネットで是非お好みのものを探してみてくださいね。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー