toggle
2016-01-25

ドライフルーツ資格を徹底比較!


最近、ドライフルーツが健康食品として見直されているのことをご存知ですか?ドライフルーツにはミネラル分や食物繊維、老化を防ぐ抗酸化作用がたっぷり含まれており、健康にも美容にも優れた食品です。ドライフルーツは、フレッシュフルーツの水分を飛ばして作られるため、全体の大きさや重さはぐっと減るものの、含まれる栄養価にほとんど変わりはありません。しかもドライフルーツにすれば栄養ある皮ごと食べることができ、果物丸ごと楽しむことができます。ドライフルーツは、少ない量で栄養が効率的にとることのできる食品として注目を集めています。

そんなドライフルーツはご自宅で簡単に作ることができます。自分のお好みのフルーツを使ってドライフルーツを作れるようになったらステキですよね。ご家庭でのおやつになるだけでなく、無添加ドライフルーツとして販売することもできるようになるかもしれません。

ここでは、そんなドライフルーツに関連する資格をご紹介していきたいと思います。

① 「ドライフルーツセレクター」

ドライフルーツに関連する資格のなかで人気が高いのは、「ドライフルーツセレクター」でした。この資格は、日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。ドライフルーツに関する栄養素、ダイエット効果、美容効果、便秘解消効果、降圧効果、フリーラジカルに対する抗酸化作用効果、生活習慣病の予防に対する効果などあらゆる健康効果に対して一定以上の知識を有している人を認定する資格です。

この資格を取得することで、ご家庭でのおやつ作りとしてドライフルーツが作れるようになるだけでなく、カルチャースクールなどで講師として活躍することも期待される資格です。

② 「ドライフルーツ製法インストラクター」

次に「ドライフルーツ製法インストラクター」です。この資格はインストラクター資格を多く主催する日本インストラクター協会が認定する資格です。ドライフルーツが含んでいる様々な栄養素や健康効果などの知識を有し、それらを講師としてレクチャーする能力を有していることを認定する資格です。インストラクター協会が主催するだけあって、その知識を広めることのできるスキルを身につけることをゴールとしています。

③ 「ドライフルーツソムリエ」

この「ドライフルーツソムリエ」は、ドライフルーツの製造や様々なフルーツの持つ効能に関しての知識だけでなく、その人の求める効能に合ったドライフルーツの選定が行える能力を認定する資格です。日本能力開発推進協会が主催しています。

④ 「ドライフルーツ&ナッツマイスター」

「ドライフルーツ&ナッツマイスター」は、ドライフルーツに関する知識だけでなく、ナッツ類の効能などに関する知識も求められる資格です。ナッツは、ドライフルーツととても相性のよい食品とされており、老化を防ぐ抗酸化作用の相乗効果が期待されるといわれています。

⑤ 「野菜コーディネーター」

この「野菜コーディネーター」は、フルーツではなく、野菜に関する深い知識を有し、適切なアドバイスとメニュー開発を行うための資格です。ドライフルーツに加えて、補足的な知識として有用だといえます。

以上、ドライフルーツに関連する資格をご紹介していきました。ぜひ、資格取得の際のご参考にされてみてください。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA