toggle
2017-02-16

ドライフルーツ×高カカオチョコで美味しくお通じ改善できるおすすめレシピ4選


高い栄養価と美容効果が様々なメディアで紹介され、注目が集まっている「高カカオチョコレート」。じつはドライフルーツと相性が良いことをご存知でしたか?

カカオにはポリフェノールやビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり含まれていて、特にカカオ70%以上の「ダークチョコレート」を選べば美肌やアンチエイジングに効果が期待できます。

ドライフルーツも同様にビタミンやミネラル、食物繊維をたっぷり含んでいるので、一緒に食べればお通じ改善に役立ちます。そのうえ苦味と甘み、酸味が合わさって風味もバツグンです。

そんな高カカオチョコレートの栄養やドライフルーツとの相性、美味しい食べ方などをご紹介していきますね。

チョコレートは高カカオを選ぼう

チョコレートが健康や美容にいいとして、メディアで紹介されるなど注目を集めています。

チョコレートは甘いから食べると太る、糖分の摂り過ぎになったりニキビができるなどの心配がありますが、それはチョコレートのせいではなくチョコレートに加えられた砂糖が原因なんです。

チョコレートの原料となるカカオには苦味成分となるテオブロミンが含まれているので、高カカオのダークチョコレートなどはとても苦く、初めて食べて驚いた人も多いかと思います。そしてこのテオブロミンに健康効果があり、血行促進、疲労回復に役立ってくれます。

スーパーやコンビニなどで安く手軽に買えるチョコレートは甘くて美味しいですよね。それはカカオの苦味を感じさせないように砂糖をたっぷり加えてあるからなんです。

健康や美容のためにチョコレートを食べるならカカオ70%以上の「高カカオチョコレート」を選ぶといいですよ。

カカオに豊富に含まれているポリフェノールは、抗酸化作用があるとしてアンチエイジングや美肌作りに効果があるほか動脈硬化予防、血行促進、活性酸素抑制、抗ストレスにも効果が期待できます。

また、カカオは食物繊維が豊富で、リグニンという不溶性食物繊維を含んでいるため腸内環境を整えて便秘の改善に役立ちます。

ドライフルーツと相性バッチリ

ドライフルーツもカカオと同じく食物繊維が豊富でビタミン、ミネラル、ポリフェノールを含んでいます。一緒に食べればその分沢山栄養が摂取できますね。

そして天然の果糖による甘みがありますから、高カカオチョコレートが苦くて食べにくい場合にはドライフルーツで甘みをプラスすると食べやすいですし、血糖値の上昇も穏やかです。

カカオに含まれる食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維ですが、ドライフルーツには不溶性と水溶性両方の食物繊維が含まれています。

一緒に食べることで食物繊維がバランスよく摂取できるため、胃腸の負担を減らせます。

美味しい食べ方をご紹介

チョコレートにドライフルーツとナッツが載ったマンディアンやオランジェットなど、チョコレートとドライフルーツは組み合わせて食べてもとても美味しいですよね。

見た目も華やかなので、プレゼントにしても喜ばれます。
これらのスイーツは家庭でも簡単に作ることができ、高カカオチョコレートなら栄養たっぷりですが、普通の板チョコで練習してもいいと思います。
細かく刻んだチョコレートを湯せんで溶かして生クリームを加え、チョコガナッシュを作ります。
クッキングシートを敷いたバットにスプーンでガナッシュを落としていき、そこへドライフルーツやナッツを載せます。あとは常温で固まるのを待てば出来上がりです。

細かい作業が苦手なら、チョコガナッシュに刻んだドライフルーツやナッツを加えて混ぜ込み、クッキングシートを敷いたバットへ流し込んでもいいですね。

簡単に作れるドライフルーツとチョコレートのレシピ

卵を泡立てたり、粉をふるったりする作業もまったくなし。お菓子づくり初心者さんでも、楽しく失敗なく作れるドライフルーツとチョコのお菓子レシピをご紹介します。
どのレシピも、使うチョコレートはブラック、ミルク、ホワイト、どれでも美味しくできます。ドライフルーツもお好みのものや手に入りやすいもので大丈夫です。

ドライフルーツのチョコサラミ

見かけはサラミそっくり、一口味わえばチョコレートという楽しいお菓子です。作るのはとっても簡単、溶かしたチョコレートの中にドライフルーツ、ナッツなどを入れたものをサラミの形に冷やし固めるだけ。贈った相手がびっくりすること間違いなしのチョコレートです。

材料

チョコレート 200g
生クリーム 80ml
ドライフルーツ(お好みのもの数種類) 約80g
ナッツ類 70g
ぽん菓子 80g
粉砂糖 適量

作り方

①ドライフルーツ、ナッツ類を5mm角くらいの大きさに刻む。
②チョコレートを細かく刻む。
③鍋に生クリームを入れて温める。沸騰直前で火をとめ、刻んだチョコレートを入れる。ゴムべらで混ぜてなめらかに溶かす。
④ぽん菓子、ナッツ類、ドライフルーツを入れて均一になるように混ぜ合わせる。
⑤クッキングシートの上にのせ、直径3cmくらいのサラミのような丸い棒状にまとめる。
⑥冷蔵庫で数時間冷やし固める。
まわりに粉砂糖をしっかりまぶす。サラミのように、輪切りにしていただく。

ドライフルーツのチョコグラノーラ

おなじみのグラノーラにチョコを加えると、濃厚な大人の美味しさになります。ドライフルーツは何でもかまいませんが、みかんやレモンなどの柑橘類がとくにチョコによく合います。

材料

チョコレート 60g
バター 15g
ハチミツ15g
オートミール 100g
ナッツ類 50g
ドライフルーツ(お好みのもの数種類)50g

作り方

①ナッツ類、ドライフルーツは細かく刻む。
②チョコレート、バター、ハチミツを電子レンジで溶かす。
③オーブンを150度に温める。
④ボウルにオートミール、ナッツ類、ドライフルーツを入れ、2を加えてゴムべらでよく混ぜ合わせる。
⑤天板にオーブンシートを敷き、4を平らに広げる。オーブンで約30分焼く。
⑥冷めたらざくざくと砕いて、密閉容器に入れて保存する。

ドライフルーツのチョコクランチバー

コーンフレークとドライフルーツ入りで、ザクザク食感がクセになりそうな美味しさのチョコバーです。普段のおやつにはもちろんのこと、たくさん作ってバレンタインのプレゼントにもオススメです。

材料

コーンフレーク(オールブランなど) 30g
チョコレート 100g
水あめ 大さじ1
ドライフルーツ(お好みのもの数種類) 40g

作り方

①チョコレートを細かく刻む。耐熱ボウルに入れて電子レンジで溶かす。
② ①に水あめを加えてなめらかに混ぜる。
③コーンフレーク、ドライフルーツを加えて、混ぜ合わせる。
④お菓子の型または箱などにオーブンペーパーをしき、3を流し入れる。上を平らにならし、形をきれいに整える。
⑤ラップをして冷蔵庫で冷やし固める
⑥固まったら、棒状に切り分ける。

ドライフルーツのチョココーティング

ドライフルーツの美味しさとチョコの味をストレートに楽しむお菓子。お好みのドライフルーツを溶かしチョコレートでコーティングして、冷やし固めます。イチゴ、キウイ、パイナップル、マンゴーなど、色とりどりのドライフルーツで作り、透明なパッケージに包むと贈り物にもぴったり。板チョコで作れますが、コーティングチョコレートを使えばチョコレートの色ツヤがキレイに仕上がります。

材料

ドライフルーツ(お好みのもの数種類)適量
チョコレート  適量

作り方

①チョコレートを湯せんまたは電子レンジで溶かす。
②ドライフルーツの半分をチョコレートに浸し、クッキングシートの上に並べる。
③チョコレートが固まるまで乾かす。

美味しく食べてお通じ改善

一般的に高カカオチョコレートと呼ばれる、カカオ70%以上のチョコレートにはポリフェノールが豊富に含まれているほか、テオブロミンという苦味成分に血行促進、疲労回復効果があります。
また、不溶性食物繊維を含んでいるので、腸内環境を改善しお通じを良くしてくれますが、ドライフルーツをプラスすることで水溶性食物繊維も一緒に取ることができ、胃腸の負担を和らげます。
ドライフルーツの甘みは天然の果糖なので、高カカオチョコレートが苦くて食べにくい場合にもこの組み合わせはおすすめです。
家庭でも、溶かしたチョコレートと生クリームでチョコガナッシュを作り、ドライフルーツを載せればオシャレなマンディアンが出来るので、手作りのプレゼントにしてもいいですね。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー