toggle
2018-03-06

ドラゴンフルーツのドライフルーツは甘くて美味しい!


ドラゴンフルーツは、外側が赤く独特の手触りが魅力的な果物です。カットしてみると白かったり赤かったりするため、切るだけでも楽しくなります。皮がドラゴンのうろこのような形をしていることからドラゴンフルーツと呼ばれているのですが、みずみずしさがあり美味しく食べることができるため東南アジアなどで多くの人が好んで食べている人気のフルーツです。

ドラゴンフルーツはそのまま食べても美味しいのですが、乾燥させてドライフルーツにしても美味しく頂くことがかのうです。ドラゴンフルーツの魅力やドライフルーツにすることで得られるメリットについて述べます。

ドラゴンフルーツとはどのような果物なのか

見た目が独特なドラゴンフルーツは、南アフリカなどで栽培されているサボテンの1種です。ドラゴンフルーツの果肉の色は複数あるのですが、赤い色の果肉にはベタシアニンと呼ばれている殺菌力の強いポリフェノールが入っており、アンチエイジングに良い影響を与えるため女性にとってメリットがある果物と言えます。

ドラゴンフルーツは酸味が弱く、適度な甘さがあり、梨のようなさっぱりとした食感が魅力的です。また、キウイのように小さい種が中に入っており、プチプチとした口当たりを楽しむことができます。7月から11月の期間は沖縄県産のドライフルーツを食べることができますので、沖縄県に旅行へ行く人は旅行のついでにドラゴンフルーツを食べてみましょう。

ドラゴンフルーツをドライフルーツにするとより甘くなる!

ドラゴンフルーツは丁度良い甘さとシャキッとした食感が魅力的なフルーツです。ドラゴンフルーツは、タイなどの国でドライフルーツにされて日本へ輸出されたり国内で加工されて販売されることが一般的なのですが、乾燥させることでより美味しく食べることが可能です。

ドラゴンフルーツは乾燥させることで中身が凝縮され、生で食べるよりも甘さが増します。そのため、ドラゴンフルーツのドライフルーツは、おやつ感覚で気軽につまむことができます。

ドラゴンフルーツのドライフルーツを作ってみよう!

ドラゴンフルーツのドライフルーツは、店舗で購入することができるのですが、生のドライフルーツが手に入った時は自分でも作ることができます。自宅でドラゴンフルーツのドライフルーツを作る時は、皮をきちんと取り除き、くし形切りにカットしてから乾燥させましょう。天日干しやオーブンで乾燥させるなどして水分を取り除いたら、完成です。ヨーグルトに混ぜたりそのまま食べたりしながら味や香りを楽しみましょう。

ドラゴンフルーツを乾燥させて食感を楽しもう!

タイや沖縄県などで栽培されているドラゴンフルーツは、カラフルでちょうど良い甘さが魅力的な食べ物です。ドラゴンフルーツをそのまま食べても美味しいですし、ドライフルーツに加工したりしてサクサクの食感を楽しむことができます。

ドライフルーツは乾燥させることでより甘みが増しますので、子供のおやつに最適です。作り方も簡単ですので、生のドラゴンフルーツが手に入ったら是非作ってみましょう。ドラゴンフルーツのドライフルーツは食べ方を工夫することで飽きずに食べ続けることができますので、オススメです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー