toggle
2018-03-09

パパイヤのドライフルーツで得られる効能


パパイヤは見た目が美しく、濃厚な果肉が人気の果物です。中南米原産の果物であるパパイヤは、沖縄県や宮崎県などで作られており、沖縄県では熟していない青パパイヤを炒めておかずとして食べられています。

パパイヤの果肉は柔らかく、甘いのでそのまま食べても美味しいのですが、ドライフルーツにすることで中身が凝縮し、甘さが増してより美味しく食べることが可能です。パパイヤは、たくさんの栄養素を含んでいる食べ物なので、食べることで様々な効能が得られます。パパイヤを食べることで得られる効果について述べます。

パパイヤに入っている栄養素

パパイヤは生の状態で食べたり乾燥させてドライフルーツにして頂くことができる果物です。パパイヤは葉酸やβカロチン、酵素などを大量に含んでいます。これらの栄養素は健康を維持する為に必要な成分ですので、それぞれのメリットを学びましょう。

パパイヤに含まれている葉酸は、人間の体にある赤血球を製造するビタミン成分として注目されています。葉酸はタンパク質や胎児の成長に役立つ成分としても有名ですので、妊娠中の方などにとって摂取するメリットがある栄養素です。

また、パパイヤに含まれているβカロチンは、体の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、活性酸素を体から取り除いてくれる魅力的な成分です。βカロチンは体が参加しにくくなる成分ですので、摂取することで高血圧や心筋梗塞など危険な病気から体を守ってくれます。また、アンチエイジング効果も期待できる成分ですので、いつまでも若々しくいたい人はパパイヤのドライフルーツを食べることが大切です。

パパイヤの中には、たんぱく質の分解を行うパパインという酵素が入っています。パパインは脂肪分や糖質を取り除いて分解してくれる効果がありますので、体重を落としてダイエットを成功させたい人にとっては大きなメリットがある物質です。

パパイヤを食べ過ぎてしまうと体に悪い影響が出る

パパイヤはそのまま頂いたり水分を取り除いてドライフルーツにして食べたりできる食品です。豊富な栄養素を含んでいるパパイヤですが、食べ過ぎはよくありません。パパイヤは体を冷やす食材として認知されているため、大量に摂取してしまいますと代謝が悪化し、体調を崩してしまう危険性があります。

また、アレルゲン成分として扱われているキチナーゼなどが入っていますので、大量のパパイヤを食べてしまいますと、口の中にかゆみが出たり、下痢や吐き気で苦しんだりする危険性があります。そのため、パパイヤのドライフルーツなどを食べる時は、量を考えなければいけません。

パパイヤのドライフルーツを美味しく食べるには

パパイヤは乾燥させてドライフルーツにし、濃縮された果肉を美味しく食べることが可能です。ただ、食べる量を計算しないまま口に入れ続けてしまいますと、体の調子を崩してしまう危険性があります。美味しく食べて栄養素を摂取するためには、適切な量を守ってマンゴーのドライフルーツをグラノーラなどに混ぜながら頂くことが大切です。

中身が凝縮されているマンゴーのドライフルーツは甘みが強く、カロリーが多くなっていますので、カロリーを計算しながら食べることも必要です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー