toggle
2018-04-20

ファーイーストバザールで見つけた!「砂糖なし」ドライフルーツ5選


ファーイーストとは?

ファーイーストは、世界中から選りすぐって輸入したドライフルーツ・ナッツ・岩塩の量り売りと加工品の販売をしているお店です。国内に「Far East Bazaar」12店舗があるほかに、輸入したそれらを使ったお料理やブルワリーを楽しめる「Carvaan」を展開しています。

ファーイーストバザールのドライフルーツの特徴は、「果実本来の甘み、酸味、香り、色を損なわないために砂糖、香料、着色料、二酸化硫黄は一切使用しておりません」とのこと。

確かにフルーツというよりフルーツ風味の砂糖なのでは…?と言いたくなるほどの”砂糖漬け”も多いもの。健康に気を遣って食べていても、あまりに糖分過剰なのは考え物ですよね。砂糖なしで美味しいなら嬉しいものです。

今回は「砂糖なし」にこだわるファーイーストバザールで見つけた、おすすめドライフルーツを5つご紹介します。

濃厚な香りに圧倒される!「Jaliパイナップル(648円/50g・税込)」

袋を開けた瞬間、爆発するように広がる甘く濃厚な香りに驚きます。「Jali パイナップル」は、ウガンダのビクトリア湖に浮かぶボートでしか行けない島のJali村で収穫された世界一甘いパイナップルをドライにしたもの。砂糖を利用しないどころか、村の豊かな土壌によって水をまともにあげなくても育つというから驚きです。

口に入れるとドライなのに固くなく、繊維の柔らかさが残っています。噛んでいくほどにどんどん甘くなる、けれど砂糖の甘みとは全く異なるもので、ああ本当に砂糖使っていないんだな…と実感します。砂糖を使っていないので、酢豚などお料理にも使いやすそうですね。

見た目は・・・・?!食べると本当に甘い「ピーチ(アンダルシア)(675円/50g・税込)」

スペイン産の桃は、凝縮されて20分の1の大きさになっているのだとか。パッと見た感想は「黄色い乾燥しいたけ」。桃を横に半分に切ったのを小さくしたその形状から、元がどんな大きさだったのかを想像します。食べると甘みが強く、ドライのイチジクにも似た強い甘みですが、風味はまさに桃。季節限定品ということなのでお早めに。

もう砂糖なんかいらない!「マンゴー(ペルー)(432円/50g・税込)」

ペルー産のマンゴー、というとあまりなじみがないかもしれません。日本にはアジア各国からマンゴーが生も加工品もたくさん入って来ているから。アンデス山脈の雪解け水を使って栽培したというペルー産のマンゴーは、形を見ると元がとても大振りにカットされてドライにされたことがよくわかります。食べてみると甘みもさることながら、分厚くカットされた断面から、生のマンゴーや桃を食べたときに感じるねっとりとした食感がします。

もう砂糖漬けのマンゴーはしばらく食べられないかも…と思わせてくれる一品。お値段も控えめなのも嬉しいですね。

新食感・アンチエイジングの女王様「インカベリー(コロンビア)(567円/50g・税込)」

「アンチエイジングの女王様と言われてるんですよ」そう言ってエキゾチックな店員さんが差しだしてくれたのが「インカベリー」。小さなほおずきだそう。日本ではジャムにして食べる方がいるくらいで、食用としてはあんまりなじみがないけれども、海外ではベリーの一種として普通に食べる地域もあるのだとか。食べてみると小さな粒の中にぎゅっとした酸味とぷちぷちとした種が入っています。種を噛むサリサリとした食感の後に甘みと苦み、少しだけトマトにも似ているような感覚。確かにぎゅっとビタミンが詰まっていそうな味で毎日取り入れたい不思議な味でした。

主要都市に店舗展開するファーイーストバザール。オンライン店舗もあるので、ぜひチェックしてみてください。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー