toggle
2018-03-06

レモンのドライフルーツの作り方と効能を学ぼう


レモンは酸味が強く、そのまま食べることはあまりありません。唐揚げなどにかけるなどして使うことが一般的なのですが、乾燥させてドライフルーツにすることによってレモンを美味しく食べることが可能です。自宅で作ることで添加物が入る危険性がありませんので、安心して作ることができます。レモンのドライフルーツを作る方法や食べることで得られる効能について学びましょう。

レモンのドライフルーツは天日干しで作ろう!

果物を乾燥させて作るドライフルーツは、オーブンで熱したり天日干しで乾燥させたりして作ることができるのですが、レモンに関してはオーブンでは無く、天日干しで作る必要があります。オーブンを活用してレモンを乾燥させてしまいますと、酵素やビタミンCなど魅力的な栄養素が失われてしまう危険性があります。それゆえ、レモンに含まれている栄養素を失わないためにも、天日干しで作る必要があります。

レモンのドライフルーツを作る時は、最初に輪切りにカットし、種を除去した後にキッチンペーパーを用いて果肉部分を拭いて水分を取り除きましょう。その後、ザルの上に並べて太陽光の当たる場所に設置して乾燥させることが大切です。その際、虫や鳥が寄り付かないように上からネットをかぶせておく必要があります。

レモンを美味しく食べて豊富な栄養素を摂取しよう!

レモンはビタミンCを豊富に含んだ食べ物として有名です。100gあたり100mgも入っていますので、ビタミンCを効率良く摂取できる魅力的な果物です。他にもビタミンBや葉酸、マグネシウムや葉酸などの成分が多く入っているため、食べることで豊富な栄養素を体内に摂り入れることが可能です。

レモンを生で食べる時は皮を捨ててしまうのですが、ドライフルーツは皮まで食べることができるようになるため、レモンに含まれている栄養素をしっかり摂取することが可能です。また、レモンを乾燥させて作られたドライフルーツは、独特の苦さやえぐさが取り除かれていますので、そのままレモンを食べるよりもおいしく頂くことが可能です。

レモンを乾燥させることで水分が失われるのですが、その分中身が凝縮されていますので、少ない量で効率良く豊富な栄養素を吸収できるため、ドライフルーツを食べるメリットは大きいと言えます。

チョコレートに混ぜたりパウンドケーキに入れたりしながら美味しく調理できるレモンのドライフルーツを食べましょう。

レモンのドライフルーツで効率良く栄養素を摂取しよう

酸っぱい果物として認知されているレモンですが、ドライフルーツにすることで皮を破棄することなく食べることができますし。食べやすくなります。それゆえ、レモンに含まれているビタミンや葉酸などの成分を美味しく効率的に摂取することが可能です。

レモンを食べることが苦手だと感じている方でも、酸味や渋みが抑えられたレモンのドライフルーツであれば、美味しく頂くことができるでしょう。レモンのドライフルーツなどは歯ごたえがあり、しっかりと噛む必要があるのですが、何度も口を動かして噛むことで満腹中枢を刺激し少量で満足感が得られますので、ダイエット中の方にも推薦できるメリットの大きい食べ物です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー