toggle
2018-02-14

人気のドライフルーツであるクランベリー


クランベリーは北米で誕生した独特の酸味が美味しいフルーツです。クランベリーはそのまま食べるとすっぱすぎるため、乾燥させてドライフルーツにして食べることが一般的です。ドライフルーツになったクランベリーを食べるメリットや一日に食べる量などを学びましょう。

クランベリーを食べることで得られる効能

ドライフルーツのクランベリーを摂取することによって、多くの効果が期待できます。クランベリーに含まれている栄養素として注目されているプロアントシアニジンは抗酸化効果があり、体を健康的に維持するために必要不可欠な成分です。また、プロアントシアニジンは肝機能を改善する効果が期待できるため、むくみを解消することができるでしょう。

また、クランベリーにはポリフェノールの1種byであるアントシアニンも入っています。アントシアニンは、目の疲労改善や感染症を防ぐ効果があり、目の疲れが気になる人にとってメリットがあります。

美肌効果を得たい人は、ビタミンCを摂取する必要があるのですが、含まれている量はブルーベリーの2倍もあります。ビタミンCはシミやそばかすを抑え、コラーゲンを作り出すサポートを行ってくれるため美味しく食べながら美しい肌を手に入れることが可能です。

さらに、クランベリーは食物繊維を含んでいる果物ですので、美味しく食べながら腸の働きを改善することができます。それゆえ、便秘解消効果が期待できます。多くの効果が期待できるクランベリーをしっかり食べて、体を健康的に維持することが重要です。

1日に食べる量を計算しよう!

クランベリーは、乾燥させることによって酸味が緩和され、美味しく食べることができるようになるのですが、その分カロリーが多くなってしまいます。そのため、ドライフルーツになったクランベリーを食べる時は、量を計算しなければいけません。

乾燥させたクランベリーを1日に摂取する目安としては、20gから30gとなっています。大さじ2杯もしくは3杯ほどの量が適量ですので、きちんと計算してから食べるようにしましょう。

クランベリーの食べ合わせに適した食材

クランベリーを効率良く摂取することができれば、一石二鳥です。クランベリーの食べ合わせとしてオススメできる食材を紹介します。クランベリーは乾燥させてドライフルーツにするとおいしくなる半面、カロリーが多くなるデメリットがあります。

食べたクランベリーが原因で太ってしまいたくないのであれば、カカオを多く含んだダークチョコレートを一緒に食べる必要があります。ダークチョコレートは、脂肪を燃やす効果が期待できる食材ですので、少し多めにクランベリーを食べても脂肪が燃えやすくなっていますので、安心して食べることが可能です。

まとめ

クランベリーは乾燥させることで甘さが加わり、食べやすくなります。目の疲れや肌荒れに効果があるクランベリーを美味しく摂取することができるため、注目が高まっています。クランベリーをドライフルーツにすることにより、生で食べるのと比べてカロリーが高くなってしまいますので、量を計算してからヨーグルトなどと混ぜて摂取することが重要です。健康体を維持する為に、クランベリーを摂り入れましょう。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー