toggle
2018-11-16

冷え性も解決!ドライフルーツの生姜の嬉しい効果


冷え性といえば生姜と思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。それくらい生姜の身体を温める効果は広くられていますが、実は生の生姜と乾燥した生姜では効果に違いがあるのをご存知でしょうか。乾燥生姜のすごい効果や簡単レシピもご紹介したいと思います。

生姜の効果

一般的に知られている生姜の効果としては免疫力や代謝をあげる、血液をサラサラにする、殺菌作用がある、食欲増進効果がり消化を助ける、血圧を安定させる、鎮痛解熱効果により風邪の症状の緩和、胃腸の働きを活性化させ吐き気などを抑える、などがあります。それでは生の生姜と乾燥した生姜にはどんな働きの違いがあるのでしょうか。

生の生姜と乾燥した生姜の違い

漢方では生の生姜をショウキョウ(生姜)と呼びます、ショウキョウは微温性で発散発汗作用があり体温を一気に上げた後、発汗作用で熱を冷ますため風邪の症状(のどの痛みや席)を軽減する作用や、解熱作用が有名です。

もう一方、一度加熱してから乾燥した生姜を「カンキョウ(乾姜)」と呼びます。カンキョウは大熱性といって温かさが持続する効果があるため冷え性改善には生の生姜ではなく、乾燥生姜を摂取するのが効果的です。

生姜の有効成分

生姜には生姜特有の成分が3つ入っています。生姜の香り成分であるシネオール。これは、ローリエやセージなどのハーブにも含まれている成分で、肉や魚介類などの臭みを抑える効果があります。食欲増進や臭みととりの目的として様々な料理に使われ、疲労回復・滋養強壮に役立つ成分です。デトックス効果などの作用もあると言われています。その他、生姜の辛味成分であるジンゲロール・ショウガオールは殺菌作用が強く、生姜の殺菌作用を期待してお寿司屋さんなどではガリがおかれていたりします。このガリは食中毒を予防するためにお寿司と一緒に食べるようになりました。最近の研究では、発ガン物質が遺伝子に及ぼす影響を抑える効果が研究されており、がん予防に大きな期待がかけられています。生の生姜には圧倒的にジンゲロールが多いのが特徴で、痛みを抑えたり、発汗による解熱や消炎などの作用があり、体温を下げようとする効果があります。それに対し、ショウガオールは、代謝を良くし、身体の深い部分から熱を作り出す働きがあるため、身体を芯から温めて熱を持続させる効果があります。加熱処理したり乾燥させたりすることによって、ジンゲロールはショウガオールに化学変化することが知られており、冷え性の改善やダイエットには、温めた生姜や乾燥生姜が有効です。

身体によい効果をたくさんもたらす乾燥生姜ですが簡単に家で作ることができます。
作り方をご紹介します。

乾燥生姜(生姜のドライフルーツ)の作り方

  1. 生姜を皮つきのまま丸洗いし、痛んだ部分があればそこだけ取り除きます。
  2. 皮つきのまま1mm程度の厚さにスライスします。厚さが均等なほうが管理しやすいです。(生姜の有効成分は皮付近に多いので皮は必ずつけたままにしてください)
  3. 蒸し器かフライパンで30分蒸します。(茹でるのではなくて必ず蒸してください)

フライパンで蒸したい場合は、2~3cm程度のお湯をフライパンに入れ、クッキングシートを敷いた耐熱皿を入れて、その上に生姜を並べます。耐熱皿にお湯が入らないように、耐熱皿の下に耐熱の小鉢などを土台にして置き、その上に耐熱皿を置く安定します。

  1. 蒸しあがった生姜をざるやネットに重ならないように並べて天日で干します。
  2. 乾燥すればできあがり。そのまま食べられるドライジンジャーにしたい場合は蒸しあがったものをシロップに半日ほどつけて、クッキングシートの上にのせて乾燥させると甘いドライジンジャーができます。つけたシロップには生姜の成分が出ているので捨てずに、紅茶やコーヒーなどに使うと良いです。

お家で簡単に作れるドライジンジャー、ぜひ作ってみて冷え知らずの身体を手に入れませんか。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー