toggle
2017-02-14

和のドライフルーツ干し柿で健康美をサポート


秋が深まってくると出回る「柿」は、古くから冬の保存食として「干し柿」にされてきました。

「柿が赤くなると医者が青くなる」のことわざどおり、ビタミンやミネラルなどがたっぷり詰まった柿は栄養満点。そのうえ、フレッシュで食べてもドライフルーツにして食べても、甘くて美味しいんです。

そんな「和のドライフルーツ」ともいえる干し柿ですが、フレッシュの場合と干し柿の場合では含まれている栄養が異なり、食べるときに気をつけたいこともあるので、ご紹介していきますね。

柿はビタミンCがたっぷり

日本の国民的フルーツである柿は、弥生時代から栽培されてきました。

ビタミンC、食物繊維を豊富に含んでいて、粘膜保護や腸内環境改善に役立ちます。ことわざにも「柿が赤くなると医者が青くなる」とあるほど、豊富な栄養面が注目されています。

なかでもビタミンCが多く含まれているため、柿を一つ食べるだけで一日に必要なビタミンが摂れてしまいます。

柿には「渋柿」と「甘柿」があり、フレッシュで美味しく食べられるのが甘柿で、干し柿にすると美味しいのが渋柿です。

渋柿の渋さのもとになっているのは柿の水分中に溶けているタンニンで、干して水分をなくすことでタンニンが不溶性に変化するため、食べても渋さを感じません。

また、名前こそ渋柿ですが、じつは甘柿よりも渋柿のほうが糖度が高いので、渋ささえ感じなければ渋柿のほうが甘みが強いのです。

干し柿でカロテンが豊富に

柿そのものは弥生時代からありますが、干し柿の歴史も古く、平安時代の文献に献上品として登場していることが確認されています。

柿は中国大陸から伝わったため、中国や朝鮮半島、台湾などでも干し柿が作られています。漢方の世界でも干し柿は重宝され、人々の健康をサポートしてきました。

フレッシュの状態ではビタミンCが豊富な柿ですが、干し柿になる過程でビタミンCが破壊されてβ‐カロテンに変わり、含有量が約2倍になります。炭水化物も豊富なためカロリーが高く、100gあたり276kcalになります。

甘みはフレッシュの約4倍にもなりますが、天然の糖分なので血糖値の上昇は穏やかです。

また、一口かじれば果肉の中にいくつものスジが見られるように、食物繊維がとても多く、100gあたり14gも含んでいます。水溶性と不溶性両方の食物繊維を含んでいるので、腸内環境の改善に役立ちます。

ミネラル群ではカリウムが豊富なので、ムクミ解消に効果が期待されます。

食べるときに気をつけたいこと

干し柿を食べるときに気をつけたいのが、食べる量です。食べ過ぎが良くないことなのは当たり前ですが、干し柿はカロリーが高いので食べ過ぎるとあっという間にカロリーオーバーになります。

ドライフルーツの一日の必要量は80kcal分なので、干し柿は1~2個が適量といえます。

また、食物繊維が豊富なので沢山食べれば便秘解消が出来ると考えがちですが、一度に沢山食べるとかえって腸に負担をかけすぎることになります。

干し柿を便秘解消に役立てたいのであれば食べる量は一日1~2個程度にして、しっかりよく噛んで食べます。あとはお水をしっかり飲んで適度に運動することで、干し柿の食物繊維を味方に付けることが出来ますよ。

干し柿は健康と美をサポートしてくれる

弥生時代に日本へ伝えられたとされる柿。平安時代には干し柿が献上品として文献に残されるなど、古い歴史を持っています。

フレッシュで食べれば豊富なビタミンCを摂ることができ、1個で一日に必要なビタミンCを補えるため、柿が赤くなると医者が青くなる、といったことわざまであります。

柿を干す過程でビタミンCはβ‐カロテンに変化し、カリウム、食物繊維、炭水化物を豊富に含む栄養満点のドライフルーツになります。

ただ、カロリーも高いので食べる量は一日に1~2個程度がよく、一度に沢山食べると食物繊維の摂り過ぎで腸に負担がかかります。適量をしっかりよく噛んで食べることで、食物繊維を味方に付けることが出来ます。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー