toggle
2018-10-25

女性に大人気のドライフルーツいちじくの効果


女性に大人気のドライフルーツであるいちじく。そのままおやつとしても食べられますし、チーズなどと一緒にワインやお酒のおつまみとしても人気があります。そんなドライフルーツであるいちじくですがどんな効果があるのでしょうか。

いちじくってどんな果物?

原産国はアラビア地方の南の方といわれています。有名なお話では旧約聖書の中で、アダムとイブが身体を隠したのがいちじくの葉であっというお話も。そのようなお話からも古来からあった果物だと推測されています。古代ローマでは、不老不死の果物といわれており、トルコでは聖なる果実として大切にされてます。日本には、江戸時代に中国からわたってきたといわれえています。実は、私たちが食べている部分は、果実ではなく花の部分にあたります。中のプチプチしたつぶつぶの部分が花にあたる部分です。一般的に黒いちじくと白いちじくがありドライフルーツとして流通しているものは白いちじくが多いといわれています。いちじくは生で食べるととろっとした部分とプチプチした中の花の部分の舌触り、ほんのり上品な甘味がなんともいえず魅力的です。ドライフルーツになると、食べ応えがあり味わいは濃厚。中のプチプチとした歯触りがなんともいえず一つ、また一つと手が伸びてしまうおいしさです。そんな女性に大人気のいちじくですが、実は栄養の宝庫なんです。

いちじくに含まれる栄養素

いちじくに含まれる栄養素ですが、特筆すべきは水溶性食物繊維のペクチンを多く含んでいます。血糖値の急激な上昇を抑え、コレステロール値の上昇を抑制する働きがあります。また、むくみや高血圧予防に効果的なカリウムも豊富です。カリウムは、細胞内外の水分量、浸透圧を調整する働きがあり、身体の中にある余分な塩分(ナトリウム)や水分を排出する働きがあります。お酒を飲む方には嬉しい効果もあります。タンパク質分解酵素であるフィシンという酵素が含まれており食後にいちじくを食べると二日酔い防止になるといわれています。フィシンはお肉を柔らかくする働きもあり肉料理にイチジクをそえたり、食後に食べることによって消化を促進する効果もあります。

女性に嬉しいいちじくの効果

いちじくのドライフルーツが女性に人気があるのは、いちじくの種子の部分に女性ホルモンに似た働きをしてくれる植物性のエストロゲンが豊富に含まれていることがあります。このエストロゲンはホルモンの乱れを整えてくれる働きがあるので、月経前や生理痛、更年期障害など女性特有の不調を和らげる働きがあります。女性には嬉しい効果がたくさんあるので是非取り入れたい食物のひとつです。

生のいちじくとドライフルーツのいちじくは何が違うの?

生のいちじくよりもドライフルーツのいちじくの方が食物繊維が豊富でドライフルーツの方が約10倍の食物繊維を含むといわれています。ドライにすると栄養成分が凝縮されるため同じ量を食べてもドライフルーツの方が効率よく栄養を取り入れることができます。ただしカロリーや糖質は生の方が少ないのでドライフルーツを食べる際は量を考えて食べることが大切です。

嬉しい効果がたくさんある果物であるいちじくですが、より効果的にたべるなら朝食前や朝食時に食べるのがおすすめです。朝からたっぷりとドライフルーツのいちじくで食物繊維をとってお腹もすっきり、お肌もピカピカになりましょう。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー