toggle
2018-10-25

女性に嬉しい効果抜群!なつめのドライフルーツ


なつめという果物をご存知でしょうか。中華料理や薬膳などでも知られてるなつめですが女性に嬉しい効能がたくさんあります。生のなつめはなかなかお目にかかることは難しいですが、乾燥ナツメやなつめのドライフルーツは目にすることもあります。なつめはどのような果物でどのような効果があるのでしょうか。

なつめってどんな果物?

なつめは木になる果実で一般的には干したものが広く流通しています。生で食べるとリンゴやなしのような食感でほんのりとした甘味と爽やかな酸味があります。果肉はリンゴのようにさっくりしていて中に種が入っています。夏の終わりごろから秋口まで収穫されます。原産地は南ヨーロッパや西アジア・中国のあたりで日本には中国を経て、古く奈良時代以前には伝わってきていたといわれています。中国には「一日食三棗」という言葉があります。これは、一日に三個なつめを食べると老いないという意味で、老化防止効果があるといわれています。そのほかにも美容効果や、滋養強壮、貧血予防、アレルギーの改善など嬉しい効果がたくさんあるなつめですがどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

なつめのドライフルーツに含まれる栄養素

なつめの主な栄養素として、カリウム、亜鉛、鉄、マグネシウム、リン、葉酸、ナイアシン、食物繊維などがあります。そして近年注目されているのが、パントテン酸という栄養素です。パントテン酸は神経細胞の合成や神経伝達にも関わりがあるといわれており、副腎皮質ホルモンの合成を助け、ストレスの耐性を高める効果があるといわえれています。近年では、副腎皮質ホルモンの合成を助ける働きがあるので、アトピーや花粉症に効果があるのではと期待されています。また、フルクトピラノースという果糖成分はアレルギー抑制に効果があるといわれています。そして、なつめには女性に嬉しい効果がたくさんあります。カリウムはむくみ予防に、食物繊維は腸内環境の改善に役立ちます。リンなどのミネラル分も豊富な為、血液を作ったり血液に栄養を与える作用があります。マグネシウムは幸福ホルモンといわれているセロトニンの生成を助ける働きがありストレスなどに効果的です。妊娠中や妊活中の方がサプリなどで摂取している葉酸もなつめには多く含まれています。葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、赤血球をつくる作用があります。代謝にも関わりが深く、細胞の生産や再生を助ける栄養素だといわれています。造血作用があるため、冷え性や生理痛の改善、ホルモンバランスの乱れが落ち着くため更年期障害の緩和、美肌やアンチエイジングにも効果があるといわれています。
また、干したなつめは中国や韓国では昔から大棗(たいそう)として薬膳の材料として使われています。痛みを和らげたり、滋養強壮、血を補い、利尿作用も期待できます。

なつめのドライフルーツのおすすめレシピ

ドライフルーツのなつめはそのまま食べるとほんのり甘く滋味深い味です。サムゲタンなどの料理に使うこともおすすめですが、簡単につくれて効果もばっちりななつめ茶をご紹介したいと思います。
なつめを10個~20個用意し、一晩水で戻します。鍋に、水2カップと戻したなつめ、はちみつ大さじ1、シナモンを入れて弱火で20分煮だします。身体もあたたまり、デトックス効果もあるのでダイエットにもおすすめです。煮だした後のなつめはそのまま食べても良いですし、細かく刻んでパンやクッキーに入れてもおいしいです。

このように、女性に嬉しい効果がたくさんあるなつめ。ちょっと不調かな、と思った時にドライフルーツなら簡単に取り入れることができます。ぜひ、一度お試しください。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー