toggle
2017-08-18

妊婦さんにおすすめ!葉酸の多いドライフルーツ7選


妊娠してから初めて知ったという人も多いかと思いますが、葉酸は妊娠中に必要な栄養素で、妊娠中は通常の2倍の葉酸が必要だと言われています。
葉酸は、赤血球や細胞が新しく作られるのに必要な栄養素で、胎児の発育にはなくてはならないものです。
また、妊娠中だけでなく産後の授乳中も葉酸をとることにより産後の疲れた体をサポートし、良い母乳を作ってくれます。
また生の果物は水分が多く体を冷やしてしまいますが、ドライフルーツは水分を飛ばしていますし、成分も濃縮されていて、より効率的に葉酸をとることが出来ます。
妊娠初期のつわり中は、つわりが辛くてなかなか思うように食事がとれない場合もあると思いますが、食べられるものを見つけて少しでも葉酸をとるように心がけましょう。

ドライストロベリー

いちごはビタミンCも豊富に含まれていて、フルーツの中ではトップクラスに葉酸の含有量が多いです。
また、いちご含まれているクエン酸は疲労回復、ペクチンは腸内環境を整えてくれる働きがあるので、妊婦さんに特におすすめのフルーツです。

ドライマンゴー

マンゴーには葉酸以外にも、視力回復や疲れ目に効果のあるビタミンA、カルシウムと結合して骨を作るリン、お肌や髪の毛を美しく保つビタミンB6が含まれていて女性におすすめです。
ビタミンB6は、妊娠初期の辛いつわりをやわらげてくれる効果もあると言われています。

ドライラズベリー

ラズベリーは葉酸とビタミンを含んでいます。
特に抗酸化作用のあるビタミンEとポリフェノールが豊富です。
ラズベリーに含まれているラズベリーケトンという成分には、カプサイシンの3倍もの脂肪分解効果もあります。

ドライプルーン

プルーンは葉酸を含んでいるのはもちろん、解熱作用・疲労回復・整腸作用・貧血予防といったたくさんの効果があります。
妊娠中は血液が不足して貧血になりやすくなってしまう人が多いので、ドライプルーンを食べれば、葉酸を摂るのと同時に貧血を予防することも出来るのでおすすめです。

ドライキウイ

葉酸の量はそんなに多くありませんが、キウイはビタミンC・食物繊維・カリウムが多く含まれているので、妊娠中の風邪予防やむくみ解消にも効果的です。
特にビタミンCを多く含んでいるので、ストレスを感じた時や肌荒れが気になる時もおすすめです。
ちなみに甘みの強いゴールデンキウイのほうがより多くのビタミンCを含んでいるそうです。

ドライバナナ

ドライバナナと言えばバナナチップスがよくスーパーでも売られています。
バナナには葉酸が含まれているのはもちろん、つわりの症状をやわらげてくれると言われているビタミンB6も含まれいます。
なので妊娠中でも特に、つわりの辛い妊娠初期に食べるのがおすすめです。
ただしバナナチップスは油であげて作られているとのがほとんどなので、食べすぎには注意が必要です。

ドライデーツ

デーツは葉酸と鉄分を多く含んでいます。
イランでは妊娠中2~3個のデーツを食べれば丈夫な赤ちゃんが生まれるという言い伝えもあるほど、妊婦におすすめなドライフルーツです。
デーツは栄養満点で妊娠中の栄養補給にもピッタリです。
つわりであまり食事をとれない時などにも少量で栄養を補うことが出来るのでとてもおすすめです。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー