toggle
2017-05-31

手作りしたい!ドライフルーツ入りの定番スイーツ5選


お菓子やパンを作るのが好きな方にとっては、ドライフルーツはいろいろなレシピに登場する大切な存在。とくに焼き菓子づくりにとって、ドライフルーツはなくてはならない副材料といえます。

ドライフルーツをつかったスイーツの特徴、それぞれのスイーツに合うおすすめのドライフルーツをご紹介していきます。

ドライフルーツを使ったスイーツの定番フルーツケーキ!

ドライフルーツをたっぷり焼きこんだフルーツケーキは、焼き菓子の定番。お菓子つくりをする人なら、一度は挑戦したいお菓子ですね。卵、バター、砂糖、小麦粉の重さがほぼ同じの配合が基本です。シンプルな配合だからこそ、アレンジを加えることによっていろいろなバージョンのフルーツケーキを作れるところが魅力的ですね。

フルーツケーキといっても、いろいろなタイプがあります。バターをしっかり泡立てたフワフワな食感のものが日本人には好まれますが、フルーツケーキの本場イギリスをはじめとしたヨーロッパではどっしりと重いタイプのほうが好まれています。

フルーツケーキに入れるドライフルーツは?

フルーツケーキに入れるドライフルーツは、1種類だけの場合と、いろいろな種類を組み合わせる場合があります。ドライフルーツを1種類だけ入れるとしたら、主役はやはりレーズン。いろいろな種類を入れるならば、レーズンのほかに、いちじく、アンズ、チェリー、などを入れるのが定番です。

ナッツと組み合わせると美味しい!ドライフルーツ入りクッキー

フルーツケーキに比べるとあまり馴染みがないかもしれませんが、ドライフルーツ入りのクッキーも簡単で美味しい手作りお菓子としてオススメです。特にナッツ類と組み合わせると、ナッツの香ばしさとドライフルーツの旨みの組み合わせが絶妙です。おすすめのドライフルーツはイチジクとレーズン。ナッツはクルミ、アーモンド、ピスタチオなど。普通のクッキーより砂糖を控えても、ナッツとドライフルーツの存在感のおかげで味わい深い味になります。

甘酸っぱさがアクセント!ドライフルーツ入りのチーズケーキ

ドライフルーツとチーズが最高の相性なのは知られていますね。そこでいつものチーズケーキにドライフルーツを入れてみましょう。甘酸っぱさがアクセントになってバージョンアップしたような味わいになります。おすすめは焼きチーズケーキよりも、レアチーズケーキ。ブルーベリー、クランベリー、イチゴ、カランツなどの小粒で酸っぱいドライフルーツが相性良しです。

簡単でとびきり美味しい!ドライフルーツ入りのフレークチョコ

フレークチョコは、小さなお子さんでも安全に楽しく作ることができるスイーツです。溶かしチョコレートの中に、コーンフレークとドライフルーツを混ぜたものをスプーンで落として固めるだけ。フレークのさくさく感とドライフルーツの甘酸っぱさがチョコレートと相性抜群です。簡単なのにクセになるような美味しさなので、ちょっとしたプレゼントなどにもぴったり。入れるドライフルーツは何でもOK。ドライフルーツのココナッツもチョコレートと合ってオススメです。

コーヒー党におすすめドライフルーツ入りビスコッティ

ビスコッティはイタリア生まれの焼き菓子。粉と卵を練り混ぜた生地の中にナッツ類を混ぜてカリっと香ばしく焼いたお菓子です。ドライフルーツを入れれば、自然の甘さが加わり、コーヒーだけでなく紅茶や日本茶にも合うお菓子となります。入れるなら、アンズ、いちじく、プルーンなどのドライフルーツがナッツ類と相性抜群です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー