toggle
2017-06-30

料理に使うならドライフルーツよりドライトマト!おすすめ簡単レシピ


真っ赤なトマトを乾燥させたドライトマト。イタリア料理などでよく使われているイメージですよね。トマトは干すことで甘みが増し、栄養価もアップします。ドライトマトは自宅でも簡単に作れるので、トマトをたくさん買った時や、いただいた時に作り置きしておけば、日持ちもするので重宝します。果物ではなく野菜を干したものなので、ドライフルーツより料理に使いやすく、アレンジすることができます。ドライトマトを作って、おいしい料理を楽しみませんか?

ドライトマトの作り方

ドライトマトは、自分で作ったほうが安価で添加物などの心配もありません。天日干しだと水分が多く時間がかかるため、オーブンを使った作り方がおすすめです。

1 トマトを8等分に切り、ゼリー状の部分を取り除きます。
  大き目の場合は16等分に、ミニトマトなら半分に切るだけでOKです。
2 クッキングシートを敷いた天板に並べて軽く塩をしてしばらく置きます。
  その間にオーブンを110~120度に温めておきましょう。
3 トマトから水分が出てくるので、クッキングシートで吸いとります。
4 オーブンで1時間乾かし、トマトから出てきた水分をいったん吸い取ります。
  トマトを裏返してさらに1時間乾かします。これで完成です。

トマトの水分量や切り方、オーブンによっても変わりますので、時間は目安の時間です。自家製ドライトマトは1週間くらいで使い切りましょう。

ドライトマトの簡単レシピ

ドライトマトは、そのまま食べてもおいしいおつまみになるのですが、ほんのひと手間でおしゃれな1品が出来上がります。

ドライトマトのサラダ

いつものレタスサラダの上にドライトマトをトッピング。パルミジャーノチーズをふりかけて、後はオリーブオイルとお好みの酢と塩をパラパラ。パセリやルッコラなどのハーブを加えるとよりおいしいですね。

ドライトマトとベーコンのパスタ

オリーブオイルをしいたフライパンで、ベーコンとドライトマトとニンニクを炒めます。塩こしょうで味付けをし、パスタに絡めます。唐辛子を入れても、ピリッとして大人な味になります。

ドライトマトの炊き込みご飯

いつものご飯にドライトマトとオリーブオイルと塩を入れて炊くだけ。コショウを振っていただきます。軟らかめに炊いてチーズを載せてトースターで焼いたらライスグラタンにしてもおいしそう。

ドライトマトのピザトースト

食パンにドライトマト、玉ねぎ、とろけるチーズをのせて焼くだけです。食べる前にフレッシュバジルをのせたら気分はイタリアン。

ドライトマトと豆のスープ

レンズ豆やひよこ豆を鍋に入れて煮ます。軟らかくなったところで、ドライトマト、玉ねぎ、にんにく、ローリエを入れてさらに煮込みます。塩で味付けしてオリーブオイルを少量加えて出来上がり。豆とトマトから旨みが出ますが、物足りなかったらベーコンや鶏肉を入れてもおいしいです。

ドライトマトのタプナード

タプナードは、フランスの料理でオリーブのペーストですが、ドライトマトを加えたものもあります。フランス料理なんて難しい、と思うかもしれませんが作り方は簡単。ドライトマト(オリーブオイルにつけておく)、アンチョビ、オリーブの実、にんにくをミキサーに入れて回すだけです。松の実やアーモンドなどを入れてもコクが出ます。パンに塗って食べると止まりません。

いかがでしたか。どれもおいしそうなお料理です。アレンジは無限にありそうですね。自家製ドライトマトを作って、ぜひいろいろな料理にチャレンジしてみて下さい。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー