toggle
2018-04-20

春のお出かけに!お弁当にぴったりなドライフルーツサンドイッチ3選


寒い冬を越えて、ようやくお出かけしたいな~!と伸びをしながら言える季節になってきました。春はあちこちで花が咲き、新緑が芽吹き、何もなくてもお天気が良いだけで嬉しい気持ちになりますね。今日はそんな春のお出かけにぴったりな、朝起きてからすぐに出来るサンドイッチのレシピをご紹介します。

酸味がたまらない!春キャベツとレーズンの和風沼サンドイッチ

「沼サン」をご存知でしょうか?薄いパンにこれでもか、とキャベツ・玉ねぎの入ったボリューミーなサンドイッチ。陶芸家旦那さんが作ったサンドイッチに、奥様が旦那さんの愛称である「沼夫」から「沼夫サンド」と命名。なんだかほっこりしてしまいますね。

そのボリュームと美味しさが、ネット上でアレンジレシピにアレンジレシピを呼び、瞬く間に大ヒットしたのだとか。今や七色に野菜が並べられたものなど、インスタジェニックなレシピが数多く存在します。

今回はそんな「沼サン」アレンジレシピをひとつご紹介します。

材料(2切分):

・食パン(8枚切り)…2枚

・キャベツ…1/4玉

・ちくわ…2本

・レーズン…15粒ほど

・卵…1個

・ベーコン…2枚

・和風顆粒だし…ティースプーン1杯

・マヨネーズ…大さじ1杯

・粒マスタード…適量

・バター…適量

調理方法:

  • パンはトーストする
  • 卵とベーコンでベーコンエッグを作っておく
  • キャベツは千切り、ちくわは5㎝程度の輪切りにしておく
  • キャベツ、ちくわ、レーズン、和風顆粒だし、マヨネーズ、マスタードをよく混ぜ、キャベツがしんなりするまで置く
  • トーストしたパンにバターを塗り、4を山盛りのせ、その上にベーコンエッグを乗せる
  • 崩れるまえにもう一枚のパンを乗せ、上からプレスする
  • 半分に切り、周りからワックスペーパーなどで巻く

このサンドイッチひとつで野菜が目いっぱいとれて、とてもお得感ありますね!レーズン・マヨネーズ・和風顆粒だし・マスタードの組み合わせは意外と合います。ぜひお試しください♪

パンと一緒に焼き上げて♪バナナとシナモンのホットサンドイッチ

こちらは打って変わって甘いサンドイッチ。ぎゅっと押しながら甘く焼くのがポイントです。朝ごはんにも、おやつにも。4つに切ってミニサンドとしてお出かけしても。

材料(2人分):

・食パン(6枚切り)…2枚

・卵…1枚

・牛乳…200ml

・ドライバナナ…10枚ほど

・はちみつ…大さじ2

・バター…20g

調理方法:

  • 卵を割りほぐし、牛乳、はちみつとよく混ぜ合わせる
  • アルミのバットに1を広げ、パンを10分ほど片面浸す
  • フライパンにバターを落とし、バターが溶けたところにドライバナナを入れる
  • 香りが経ったら、パンの卵液に浸した側を下にして押すように焼く
  • 焼いた側にそれぞれシナモンを振る
  • 焼いた側同士を重ねて半分に切る

まるでケーキのよう!プルーンとクランベリーのフルーツサンド

最後は酸味と甘みのバランスの取れた華やかなフルーツサンドです。見た目を綺麗にするにはパンの耳を落として。

材料(2人分):

・ドライプルーン…6個

・クランベリー…20粒ほど

・クリームチーズ…50g

・ヨーグルト…大さじ3杯

・グラニュー糖…大さじ1杯

・食パン…2枚

調理方法:

  • ヨーグルトはコーヒーフィルターにかけ水分を抜く
  • クリームチーズは室温に戻す
  • プルーンはクランベリーと同じくらいの大きさに刻む
  • 1・2とプルーン、クランベリー、グラニュー糖を入れよく混ぜ合わせる
  • 耳をおとしたパンの上に4を均一に塗り、もう一枚のパンでサンドする
  • 半分にカットして完成。

ヨーグルトの水分を切っておくことで、パンがべちゃべちゃになりません。外出する際は特によく水気を切っておきましょう。

いかがでしたか。簡単に作れるものばかり、ぜひお出かけの際に試してくださいね。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー