toggle
2018-10-25

気になる?ドライフルーツのカロリーは?


簡単に持ち運べてお腹が減った時に手軽に食べれるドライフルーツ。果物本来の栄養素はほぼそのままに旨味が凝縮されるので人気です。しかも、水分が抜けて栄養成分も凝縮されるので、ポリフェノールや食物繊維、抗酸化作用などは豊富になり、健康に良いと注目されています。

ドライフルーツのカロリー

ドライフルーツは水分が抜けているため歯ごたえや噛み応えがあり小腹が減ったときにはもってこいの食べ物ですが、カロリーなどはどのようになっているのでしょうか。ダイエットにもおすすめとされているドライフルーツですが、実は結構、高カロリーです。水分を抜き凝縮することで、食物繊維などの栄養成分も凝縮されますが糖分も凝縮されます。つまり、少量でも、元の果物のカロリーをそのまま、凝縮される分それ以上に含んでしまうという事です。また、口当たりや味を良くするために砂糖やザラメをまぶしたものも多く存在するので注意が必要です。

大人気ドライマンゴーのカロリーは?

例えば、ドライフルーツで人気の「ドライマンゴー」ですが、生のマンゴーは、100gあたり約64kcalですが、ドライマンゴーは、100gで360kcalと約5倍のカロリーがあります。ただし、ドライマンゴーは生のマンゴーよりも水分が抜けている分、旨味も甘味も凝縮されているので、少量で満足感は感じられるといわれています。おいしくてついつい手が伸びてしまいますが食べるときは注意が必要です。

生の果物とドライフルーツのカロリー比較

それでは、ドライマンゴー以外の果物はどうなのでしょうか?
効能と一緒にご紹介したいと思います。

●プルーン 生100gで49kcal ドライフルーツ100gで237kcal
腸の働きを促進する食物繊維が豊富に入っており、老廃物を外に排出する効果があります。
中でも、水溶性の食物繊維を多く含むプルーンは余分な糖質や脂質も除去する働きがあります。便秘解消にも良く取り上げられますが食べ過ぎるとお腹がゆるくなるので食べ過ぎは禁物です。

●いちじく 生100gで54kcal ドライフルーツ100gで271kcal
イチジクには、二種類の食物繊維が含まれており、ドライフルーツには生の果物のおよそ10倍あるといわれています。また、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル分も豊富でカルシウムはドライフルーツ100gで一日の約半分が補われます。鉄分は貧血予防にカリウムはむくみ防止や高血圧などにも効果があります。

本当にドライフルーツは高カロリーなの?

ドライフルーツほうが生の果物より、全体的には平均で5倍くらいカロリーが高いことになります。単純にこれだけを考えると、ドライフルーツは高カロリーで食べると太るとなりますが、ドライフルーツの特徴は、栄養成分や旨味が凝縮されていて食べ応えあることですので、少量で意外と満足できます。水分もなく味わいもしっかりしているので、ドライフルーツを100g食べると満腹感がかなりあります。このことから、相対的には高カロリーですが、実際食べるときには量は減るので食べ過ぎることさえしなければ十分にドライフルーツの恩恵を受けることができるといえます。

ドライフルーツだから、ヘルシーで低カロリーという考え方をやめてヘルシー=栄養満点=高カロリーという考え方を理解しておいしく健康にドライフルーツを食べることが大切です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー