toggle
2017-05-11

滋養強壮に最適なドライフルーツのデーツの栄養素15種類!


中近東に育つナツメヤシの木の実であるデーツ。砂漠の多い厳しい自然環境の中でも、ナツメヤシの木はたくましく育ちます。1本のナツメヤシの木から、なんと15000個ものデーツの実が採れるといわれています。

デーツの実にはたくさんの種類の栄養素が豊富に含まれています。中近東でデーツが昔から「神の与えた食べ物」と呼ばれているのはこのためです。古代の時代からデーツの栄養価値は知られていて、滋養強壮や健康管理に役立つ食べ物として大切に扱われてきました。

そんなデーツが含む栄養素と、それぞれの栄養素が体にもたらす具体的な役割をご紹介します。

デーツのブドウ糖で疲労回復

デーツにはブドウ糖がたっぷり含まれています。デーツがとても甘いのもそのためです。疲労回復に役立ち、脳にエネルギーを与えます。例えば、朝食にデーツを1粒食べれば、脳が元気に動き出し、朝からすっきり活動することができます。

デーツのビタミンAで美肌づくり

美肌づくりに欠かせない大切な栄養素。皮膚や粘膜を強くしてくれます。また、コレステロール値を調整したり、がんの予防にも有効とされています。視力維持や免疫力アップにもつながります。

デーツのビタミンB1で脳をサポート

脳や副腎の働きをサポートします。不足すると記憶力低下、不眠、うつなどの引き金にもなります。

デーツのビタミンB2で細胞強化

細胞を整える作用があります。不足すると老化、粘膜や皮膚の炎症を引き起こします。細胞を生まれ変わらせる働きをもつので、新陳代謝を促進させます。

デーツのビタミンB6でデトックス

免疫システムに必要な栄養素で、デトックス、神経伝達を促します。不足すると、イライラ、不眠、口内炎などに。

デーツのビタミンEで抗酸化

体の中で生じる活性酸素を抑えるための抗酸化作用があります。アンチエイジングに必須な栄養素です。

デーツのナイアシンで神経安定

ナイアシンは糖質や脂質を消化分解するために必要な酵素を補助する役目があります。酵素がよく働けば、代謝のよい太りにくい体に近づくことができます。また、神経や循環器の働きも促進します。

デーツのパントテン酸で疲労対策

全身の細胞を正常に働かせる役割をもっています。不足すると、疲労やアレルギー、足のつりなどをもたらします。

デーツのカリウムで血圧安定

塩分であるナトリウムとのバランスをとりながら、高血圧を予防して血圧を安定させます。むくみ対策にも欠かせない栄養素です。

デーツのカルシウムで骨を丈夫に

骨や歯の健康を保つ栄養素です。神経伝達物質を出して、緊張やイライラを抑える働きをもつので、精神安定にも欠かせません。

デーツのリンで糖質代謝アップ

血液の酸性度やアルカリ度のバランスを保つために必要なミネラルです。ビタミンB群とともに、糖質代謝を促します。また、心臓や肝臓の働きをサポートしてくれます。

デーツのマグネシウムで精神安定

副腎をいたわるミネラルで、神経の興奮を抑えるにも不可欠です。きちんと摂取することによって、神経が安定して精神を穏やかに保ちます。

デーツの鉄分で貧血予防

造血、貧血予防に欠かせないミネラルです。活性酸素を取り除いたり、免疫機能をアップする働きもあります。

デーツの亜鉛で新陳代謝アップ

新陳代謝をよくし、免疫力をアップするデトックスミネラルです。不足するとイライラ、知覚障害などになります。

デーツの葉酸で造血力アップ

造血を助けたり、新しい細胞を作るのに重要な栄養素。不足すると、貧血、下痢、脱力感などを起しやすくします。妊娠中の女性にはとくに重要な栄養素です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー